SIJP主催 第二回茶ッカソンのレポートを公開!

11269308_10153232747062900_1382911534_o

お茶 ✕ ハッカソン=茶ッカソン!!

スポンサーである伊藤園(株)の協力のもとに、日本茶を嗜みながら様々な人とコミュニケーションを図り、議論を深めてイノベーションを生み出す場、それが茶ッカソンです。

※ハッカソンとは「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語で、これまでシリコンバレーや東京などで様々なバッググランドの人々が集まり、画期的なアイデアやイノベーションを生み出してきました。

今回シアトルで開催された茶ッカソンは主に日本人留学生を対象にし、「シアトルでの留学体験をより充実したものにするためにはどうすればいいか」をテーマに、留学生達に熱い議論とプレゼンテーションを行っていただきました。
そして学生達のプレゼンテーションを審査したのが、以下4名の審査員の方々です。

①スコット津村氏:日本国内外問わず有名なゲーム“スぺランカー”の生みの親

②鷹松弘章氏:アメリカで数百人ものエンジニアを採用・面接を行ってきた米マイクロソフト“面接採用のプロ”

③河原あず氏:ニフティ社員としてシリコンバレーで活躍中 (※シリコンバレーから中継で参加)

④Steve Sakanashi氏:Sekai Creatorのファウンダー・代表。10年以上にわたって日米のビジネスパーソンとして企業にコンサルティングを行ってきた (※東京から中継で参加)

 

12:30-12:50 <開場・ネットワーキング・茶ッカソン・テーマ説明>
参加者が続々と会場入り。皆さん少し緊張した面持ちです。

DSC_5896

やや予定時間を過ぎて茶ッカソンがスタート。SIJPスタッフによる茶ッカソンの説明とスポンサーの紹介が行われました。

12:50-14:20 <アイデアソン>
チームごとに分かれ、ディスカッションやプレゼンの練習を行っています。どのチームも真剣そのものです。

DSC_5829

DSC_5830

14:30-15:45 <プレゼンテーション>
ディスカッションの時間があっという間に終わり会場に緊張感が漂う中、各チームのプレゼンテーションが始まりました。

DSC_5885

DSC_5895

15:45-16:15 <審査>
全9チームがプレゼンを終え、審査タイムに入りました。「独創性」、「実現可能性」、「拡大性」、「プレゼンテーション」、「IT活用の有無」を基準に厳正な審査が行われました。

審査をしている様子。どのチームのアイデアも良かったため、審査員の方々も慎重に議論を重ねていました。

003 ※写真提供:SoySource

学生達はしばし参加者同士でご歓談。みなさん「お〜いお茶」を片手にリラックスした表情です。

DSC_5856

DSC_5859

16:15-16:30 <審査発表>
いよいよ審査発表です。どのチームも完成度の高い内容であったため、審査員にとって順位を決めるのは大変な作業だったようです。

まず3位と発表されたチームは「Coupin Touch」でした。留学生活の中では数多くの人との出会いがあるにも関わらず、仲良くなるキッカケがないため関係が続かない人が多いという問題を解決するために「Coupin Touch」が発案したのが、ご飯を食べて交友を深める新サービス”Coupin Touch”です。CouponとKeep in touchを掛けあわせたこのサービスでは、アプリ上でグループを作り、レストランを選び、そして人を集めることで人数に合わせた割引をレストランで得る事ができます。審査員からは留学生が抱えている問題に対して一つの良案を提案できたこと、飲食店側のメリットとして集客効果などを提示できたことなどが評価され三位となりました。

DSC_5898

Coupin Touchのスライドはこちら

続いて2位となったチームは「ささみ軍団」。「ささみ軍団」は「留学に関する情報を持っている人と繋がることができない」「実際に留学をした人の経験談を聞くことができない」という問題点から今回のアイデア作りをスタートさせました。ささみ軍団が提案したのは情報を共有できる掲示板及びWebサイトです。ターゲットを女性に絞り、実際に現地に留学をしたことのある人の声を元に地図上に女性が必要な情報(ヘアサロンの位置など)を詳細に表示し、多くの人と情報を共有できるというサービスです。審査員からは対象を女性に絞ったことでより需要の高いサービスを発案できたこと、また実現可能性の高さが評価されました。

DSC_5905

ささみ軍団のスライドはこちら

そして栄えある優勝チームが「Next Innovation」でした。「Next Innovation」はシアトルでは多くの魅力的な行事があるので、留学生が安心してイベントから家に帰ることが出来るサービスを提供する”Frog”という携帯アプリを発表しました。「家にかえる」と「暮らしをかえる」の二つの意味を込められたこのアプリでは、行政機関が提供している犯罪発生マップやハザードマップなどの情報を分かりやすく表示及びプッシュ通知し、可能な限り安全に帰れる道順を提供します。審査員からは需要と実現可能性の高さ及び、扱いづらい既存のデータを利用しやすくするアイデアが評価され一位となりました。

DSC_5909

Next Innovationのスライドはこちら

入賞チームにはGoogle、Amazon、Microsoftの中から一社の企業見学および、YouTubeのTシャツ、マイクロソフト・グッズと伊藤園から「おーいお茶」1ダースが贈られました。

最後に各審査員から総評が述べられました。「アメリカでの留学体験をより良いものにしたい」という学生の強い意志が完成度の高いプレゼンから感じられたらしく、どの審査員も大変感心されていました。

DSC_5912

DSC_5920

学生参加者が中心となって行われた第二回茶ッカソンも無事終了。多くの学生が真剣に取組み、すばらしいサービスを発案しました。短い時間でもチームになって考えれば面白いアイデアが生まれるものだと、改めて実感させてもらえたイベントでした。今回発表した内容を構想だけに留まらず、実際に実現しようとするチームも現れているようなので主催側としては嬉しい限りです。

11328035_859835407404973_1182199554_o

茶ッカソン当日の様子は下記の動画をご覧ください。

今後もSIJPのYouTubeチャンネルではSIJPのイベント動画をアップロードしていく予定なので、よろしければ登録をお願いします。

以上、SIJP主催 第二回茶ッカソンのレポートでした!

5月30日に開催されるSIJP主催 第二回茶ッカソンのお知らせです。

11269308_10153232747062900_1382911534_o

茶ッカソンとはなにか?

お茶×ハッカソン=「茶ッカソン」!!

日本経済新聞、Newspicks、ねとらぼなど各メディアでも多数掲載され、シリコンバレーと東京を中心に話題沸騰中!!志のある人たちが集まりお茶を嗜みながらコミュニケーションを図り、イノベーションを生み出す場、それが「茶ッカソン」です。

詳しくはFacebook上のイベントページをご参照ください。

第二回茶ッカソンの目的

既存のサービスやコミュニティだけに頼るのではなく、留学生活をより充実させる為にSeattle近郊の留学生とそのコミュニティの人達で日本人学生の留学生活をハックします。留学に関する問題解決の為の画期的かつ実現可能なアイデアの創出をし、ワシントン州コミュニティと次に来る留学生の為に軌跡を残します。

日本人留学生が抱える問題の解決に茶ッカソンを通して貢献してみませんか?これらのテーマに興味のある方ならば学生、社会人を問わず、どなたでも参加可能です!

イベント概要

  • 開催日時:2015年5月30日 12:30pm – 4:30pm
  • 開催場所:University of Washington, Savery Hall 260
  • 参加費:無料

スポンサー

  • 伊藤園
  • Microsoft
  • Applause Ballet Company
  • EnLinx Partners
  • SoySource.net

伊藤園MicrosoftApplause Ballet Companyenlinx20new20logoSoy Source Logo

当日の流れ(変更の可能性あり)

  • 開場・ネットワーキング (12:30pm – 12:40pm)
  • 茶ッカソン・テーマ説明 (12:40pm – 12:45pm)
  • アイデアソン&ディスカッション (12:45pm – 3:30pm)
  • プレゼンテーション (3:30pm – 4:15pm)
  • 審査発表 (4:15pm – 4:30pm)

入賞者への景品

  • Corporate Visit ※Google、Microsoft、 Amazonの中から一社 (一位から三位のチーム)
  • Google T-shirt
  • MICROSOFTグッズ
  • 伊藤園のお茶

審査基準

  • アイディアの面白さ
  • 実現可能性
  • 継続性
  • 拡大性
  • 新規性
  • IT活用の有無(アイデアにITの要素を加味すると評価が高くなります)

*アイデアソンで発生した知的所有権に関してSIJPは関知しません。SIJPはアイデアの夢の実現のために場所を提供している立場になります。

茶ッカソンへの参加方法

今回のテーマ「留学」における各トピックが決定致しました。
各トピックの概要を確認後、希望するトピックのページにて取り組みたい問題への投票及び参加表明をお願い致します。

【金銭】
http://bit.ly/opinion01-2015-0530
【交流】
http://bit.ly/opinion02-2015-0530
【学業】
http://bit.ly/opinion03-2015-0530
【暮らし】
http://bit.ly/opinion04-2015-0530
【留学生向け情報】
http://bit.ly/opiniom05-2015-0530
【就職・インターン】
http://bit.ly/opinion06-2015-0530

*後日、投票された問題ごとにチームに分かれて茶ッカソンへの事前準備をして頂きます。
*一つのトピックのみに参加表明が可能です。希望先のトピック及び投票先の変更は5月16日まで行って頂けます。

記入して頂いた内容からチームごとのテーマを主催側で決定し、後日このイベントページにてチームごとのテーマを発表させて頂きます。各々のテーマ発表後、当日までに関心のあるチームに参加表明をしてください。5月30日前であってもチーム内で自由に議論を開始してビジネスプラン or プロトタイプを作成してもOKです。

茶ッカソンに関する問い合わせ先

こちらのメールアドレス(chackathon.inquiry@gmail.com)にお問い合わせください。

茶ッカソン、餅つき直前情報と会場のBCAの行き方および駐車場について

今週の土曜日(1月24日)は茶ッカソンの日です。まだ席の空きがあります。奮ってご参加ください。次の写真は先日行われた日本での茶ッカソンの写真です。

chakkasonjapan

また、餅つきもまだ定員に余裕があります。下の写真の餅マスター?も参加予定です。皆さんに美味しいもちをたべて頂こうと明日から実行委員は準備に入ります。ご期待ください。

mochi-sugiyama

シアトルからBCAの行き方はGOOGLEMAPを参照してください。

520を降りたあとは148thで右折して、NE24thで右折してください。

bca1

午後1時前後はBCAが大変混雑しますので、参加者はBCA1に駐車して下さい。BCA1はハンバーガーショップをこえて、右折してください。

bca2

全体からみた図は次のようになっています。

bca3

茶ッカソンのUPDATE(審査員、賞品、司会など)

審査員が内定しました(敬称略)。

  • President & CEO , Five Senses Inc 佐川明美
  • ベルビュー・チルドレンズ・アカデミー、ディレクター 清水楡華
  • 在シアトル日本国総領事館領事 小西隆太郎

優勝チームにはスポンサーからすてきな商品が出る予定になっています。

また、司会は茶ッカソン界?では有名なNIFTYの河原あずさんをシリコンバレーからお招きしています。彼は先日サンフランシスコで行われた堀江貴文氏の講演ラーメン茶ッカソンで名司会をなされていたそうです。記事ででている伊藤園の宮内さんも参加します。

是非、  http://chakkason.eventbrite.com から申し込みをお願いします。

茶ッカソンおよび餅つきの参加者募集中です。

1月24日の午後1時から行われる茶ッカソンの参加者が少ないようなので、参加の申し込みをよろしくお願いします。みんなでお茶をのみならが、普段、考えていないようなことを一緒に考えるというのはなかなかない機会だと思います。参加費の方は無料にしました(餅つきの方は有料です)。

また、茶ッカソンの後に行われる餅つきの申し込みページを別に作りました。そちらの方もよろしくお願いします。つきたての餅はおいしいですよ。最近できた餅つき同好会が中心となって昔ながらの餅つきをします。

 

 

Invitation to a First Ever “Happy New Year” Chackathon in Seattle 1/24 (Sat)

chakkathon

SIJP is a networking community mainly for Japanese professionals working in the IT industry. We are pleased to announce that many have joined our events throughout 2014 and are a community that gathers 40 to 100 people each of our guest speaker events. SIJP have also started a programming class towards children because the Japanese community has many family and small children. The programming class was held throughout one day with 2 sessions and both sessions were sold out with children learning how to code. We would like to continue to grow the Japanese IT professional community in 2015 also.

That is why we like to start off with our first ever SIJP “Happy New Year Chackathon in Seattle” at 1/24 (Sat).

“Chackathon” is a created word between “cha” (means tea in Japanese), “hack” and “marathon”. “Hackathon” is a place for people with different backgrounds to discuss different topics, innovate and create ground-breaking ideas. At “Chackathon”, we will discuss and communicate open-minded with a nice cup of Japanese tea. The event has been held at Silicon Valley and Tokyo total of 3 times but has never been held in Seattle. This will be first ever “Chackathon” in Seattle!

At this event, we will gather about 30 people and split them into 5-6 people teams. The teams will discuss ideas, present and compete against each other. We will choose the best presented idea and take action back to the community but we would like to set the first event’s goal as settling the “Hachkathon” culture. We are planning to have one or two English teams where they carry out discussion and present the idea in English while other teams will be using Japanese. We will have onsite translators. We would like to have people with many different professional backgrounds in order to have a diverse discussion. Homemakers are also very welcomed. Please note that we will have selection process if there are many applications.

After everyone discussed all their ideas over a delicious cup of tea, we are also holding a traditional Japanese Mochi Festival. We would like to give every participant at the festival of all ages a chance to pound the mochi rice with a traditional Japanese pestle. There is no other best tasting mochi in the world than the ones you have pounded yourself. Everyone is invited to the festival!

We plan to have a $5-$15 fee for all the ingredients and costs for holding the event. Please see the “Event Participant Fee” page for more information.

“Chackathon”Event Information

The first topic for Seattle’s 1st Hackathon is…

“What can we do to increase the Japanese community population in Seattle to 50,000 people (current population is 6,300)?  

The Pacific Northwest is one of the first places a Japanese set foot in America. The history, weather and region are very suitable for the Japanese but still cannot get rid of the tourist image of Seattle. There are major corporate companies based in Seattle such as Amazon and Microsoft. The IT business is switching over to the cloud computing and the new generation of Japanese IT technicians has many new opportunities in the Puget Sound area. What would the new generation want from the community? How would they continue to connect as the community grows? How would we integrate and utilize the experience of 2nd, 3rd and 4th generation? Why do students often go back in just 1 year? Why are there less 30 year old generation? Etc. We would like to discuss these kinds of topics through the “Chackathon”.

Please register at http://goo.gl/forms/5DUfSa0SNq and we are looking forward to seeing you! The deadline for application is 1/9.

If you have any questions please contact:  chakkasonseattle@gmail.com

Event Information

Date:1/24(Sat)

Place:Bellevue Children’s Academy (14640 NE 24th St Bellevue, WA 98007)

Program:

  • 1:00 Door Open/Networking
  • 1:30 Program Start/Schedule Information/Team Formation
  • 2:00 Idealization
  • 3:45 Presentation(Each team total of 10 min, 5 min presentation and 5 min Q&A)
  • 5:00 Judge&Mochi Festival
  • 6:00 Winner Announcement
  • 6:30 Clean up/Networking
  • 7:00 Close

Event Fee(Day of Event, Cash Only)

  • Full Participation:$15
  • Visitor:$10
  • Children (Under Age 12, Mochi Festival Only):$5
  • Children (Under Age 5):Free

The fee’s will be for the event and the Mochi Festival ingredients.