12/13(Sat): Computer Programming Class for Kids

Can you imagine your everyday life without computer and smart phones?
We are taking IT for granted, as it has become a big part of our lives.
Now, would you like your children to get used to Programming Languages
so that they could recognize and appreciate this IT world, even from an early age?
We are offering “Computer Programming Class” for young kids, introducing a tool called
Scratch.  Kids will learn how to create easy games using basic Computer Programing skills.
Our wonderful college students (10 members) will volunteer to teach your children
with great skills and big smiles 🙂
Date : Saturday, December 13th
<Class #1 > – starts from 1:15pm, ends at 2:45pm – SOLD OUT
<Class #2 > – starts from 4:00pm, ends at 5:30pm
Register from here – https://sijp-20141202.eventbrite.com
(we will teach the same content for the first and the second class)
Place : Bellevue Childrens Academy, building 2
(14600 Northeast 24th Street, Bellevue)
Participants Age : K, Elementary School Students
Fee : $5.00 (pay at the door)
Language used in the session : Japanese/English
Sponsors : Bellevue Children’s Academy三井まりこ(Mariko Mitsui) 、スコット津村 (Tsumura Scott)
*Participants are encouraged to bring their own laptop from home.

 

Frozenが好きな子供達のための講座の紹介。また、12月13日の子供用のプログラミング講座の4時の部の募集中です。

Frozenが好きな子供達には次のプログラミングレッスンがあります。夢中になると思います。そして、12月13日のプログラミング講座にいきたくなると思います。

https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)がまだ半分の席に空席があります。優しい大学生のお兄さん、お姉さんたちが教えてくれます。

子供達のためのプログラミング教育の必要については、次のまとめをご覧ください。

 

 

12月13日子供用プログラミング講座のチケット発売開始です。

パソコンやスマートフォンを誰でも当たり前に使うようになりITが重要になってきた今、子ども達に早いうちからプログラミングに慣れ親しみさせてみませんか?今回の子どもプログラミング講座ではScratchというツールを使って子ども達に簡単なゲームの作り方を教えます。

講師をつとめるのは、学生のボランティアが10人です。優しいお兄さんやお姉さんが教えてくれます。

日時:12月13日(土曜日):第一部:午後1時15分から2時45分まで、第二部:午後4時から5時半まで(第一部、第二部とも内容は同じ)

場所:BCA2 (14600 Northeast 24th Street, Bellevue)

対象:小学生

参加費:5ドル(当日現地で支払い)

言語:日本語

協賛:Bellevue Children’s Academy三井まりこスコット津村

*ラップトップ持参推奨

チケット申し込み:https://sijp-20141201.eventbrite.com (1時の部), https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)

12月13日子供向けプログラミング講座

パソコンやスマートフォンを誰でも当たり前に使うようになりITが重要になってきた今、子ども達に早いうちからプログラミングに慣れ親しみさせてみませんか?今回の子どもプログラミング講座ではScratchというツールを使って子ども達に簡単なゲームの作り方を教えます

日時:12月13日(土曜日):第一部:1時15分から2時45分まで、第二部:4時から5時半まで(第一部、第二部とも内容は同じ)

場所:BCA2 (14600 Northeast 24th Street, Bellevue)

対象:小学生

参加費:5ドル(当日現地で支払い)

言語:日本語

協賛:Bellevue Children’s Academy, 三井まりこ

*ラップトップ持参推奨

チケット申し込み:https://sijp-20141201.eventbrite.comhttps://sijp-20141202.eventbrite.com (発売開始:12月1日、正午から)

 

【学生向け企画】企業ツアー第二弾:Googleツアー

学生向け企業ツアー第二弾のお知らせです。今回のツアー先はGoogle!

【6月13日0時】より受付を開始します。

前回Amazonツアーは受付開始後まもなく定員に達したので、前回逃してしまった方はぜひお早めにお申し込みください。

なお、Amazonツアーに参加されていない方を優先いたしますのでご了承ください。

イベント詳細については以下のリンクをぜひチェックしてください。

https://www.facebook.com/events/248592202014830/?notif_t=plan_user_joined

留学生に向けた就活イベント『先輩たちに聞く就活の極意』開催

1月30日に、SIJP(Seattle IT Japanese Professionals)が主催する学生向けイベント『先輩たちに聞く就活の極意』が開催されました!

いまや留学生の就活意識は非常に高いです。そこで今回、留学を就活に生かしたいと考えている留学生たちが特に意識する「英語力」「ボストン・キャリア・フォーラム」「アメリカで働くということ」について、SIJP のネットワークを駆使し、先輩たちが経験談を共有する場を設けることになりました。

ボストン・キャリア・フォーラム』とは、ボストンで毎年11月に行われる世界最大の日英バイリンガル・ジョブ・フェアのこと。いわゆる日本の新卒向けの就職活動で行われる “合同説明会” に似ています。

大きな特徴は、採用までのプロセスがものすごく早いことです。全部で3日間あるのですが、その間に内定が出る人もいます。また、企業によっては、最終面接を日本で行うところもあります。

ボストン・キャリア・フォーラムで内定を取るためには、必ずしも完璧なバイリンガルである必要はなくて、留学に来て半年くらいの時点でボスキャリに参加している人でも、内定をもらっている人はたくさんいます。

イベントでは、そんなボストン・キャリア・フォーラムで2013年に内定をもらった人たちが登壇して、「面接でどんなことを聞かれたか」「ボスキャリまでに行った準備」「ボスキャリまでにやるべきだったこと」「ボスキャリまでにやっていて良かったこと」などを話しました。イベント会場には60人くらい集まっていたのですが、メモを取る勢いがものすごかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、「英語力」については、「社会で求められる英語力」を始め、TOEIC や TOEFL などの英語の資格で高得点を目指すコツや、英語を勉強する上でのモチベーションについて語られました。

SIJP Student Event

最後に登壇したのは、アメリカの大企業で働くお二人の社会人。

一人は、11月の SIJP の講演でもお話をされた米マイクロソフト本社 Operating System Group (OSG) のプリンシパルマネジャー、鷹松弘章さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1994年よりロータス株式会社(現 IBM)の製品開発分野を歴任後、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト)を経て、2001年米国 Microsoft Corporation 入社。Windows Media Center、Windows Media Player、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows8.1 のリリースを手掛け、現在は Operating System 部門のプリンシパルマネージャーを務める。

もう一人は、米アマゾン本社で Elastic Load Balancing というウェブサービスの開発・運用を担当されているソフトウェアエンジニア、橋本幸司さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2000年、大阪大学工学部情報工学学科博士課程を修了。同年に日立製作所に入社、日立研究所に配属される。2008年に同社を退職し、アメリカのジョージ・メイソン大学(George Mason University)MS ソフトウェアエンジニアリング学科に入学。2010年、Amazon.com, Inc. に入社。現在はソフトウェアエンジニアとして、同社のウェブサービスの開発・運用を担当する。

講演は『エンジニアとしてのキャリア -日本とアメリカの違い-』という題で、橋本さんが「日本とアメリカにおけるエンジニア事情の違い」「日本アメリカにおけるキャリアパスの違い」などについて対比をしながら話を進め、鷹松さんがマネジャーという視点で補足していくという見事なバランスで進みました。理系学生はもちろん、文系学生にとってもためになる話ばかりで、学生にも大好評。留学生のメモを取る勢いもさらに増していました。

留学生の中には、将来何らかの形で海外で仕事をしてみたいと考えている人がたくさんいます。今はビザがとても厳しいので、大半の人は留学後日本に帰国するのですが、アメリカになんとか残り続けられる可能性を模索している人も多いです。でも、鷹松さんのように外資系企業の日本オフィスを経て本社に来られる方や、橋本さんのように日本の会社でキャリアを積んだ後、一年発起してアメリカで挑戦される方もたくさんいらっしゃいます。

そういった方々から直接話を聞くことによって、留学生にとっては、就活について考えるだけでなく、「留学後にどう生きていきたいのか」を改めて具体的にイメージする機会になったのではないかと思います。お二人とも親しみやすい雰囲気を持っておられるので、講演後も多くの学生に囲まれていらっしゃいました。

SIJP では、2月21日にも『米国での起業体験について』と題した講演会を行います。ゲストはなんと、人気メールマガジン『週刊 Life is beautiful』でもお馴染みの、中島聡(@snakajima)さん。

960年北海道生まれ。アスキー・ラボラトリーズの一員として「CANDY」をはじめとする数多くのプログラムの開発や移植に大学在学中から携わり、早稲田大学大学院理工学研究科修了後にNTT(研究部門)に就職。86年のマイクロソフト日本法人設立を機会に同社へ転職し、89年に米国本社へ移籍。Windows95、同98及び Internet Explorer 3.0、同4.0の開発に携わる。2000年に退社し、ソフトウエア会社のUIEvolution,Incを設立した。現在はメルマガ「週刊 Life is beautiful」(出版はまぐまぐ)を執筆中。

via Seattle IT Japanese Professionals 講演会 「米国での起業体験について」… Registration, Bellevue – Eventbrite

シアトルにいらっしゃる方は、ぜひぜひご参加を〜!