【Event Report】クラウドを使って遊ぼう!

12月11日(日)Kirkland Libraryにて、子供コンピュータ講座 クラウドをつかって遊ぼう!が開催されました。

参加されたお子様は、小学生以上12名。今回はコンピュータを使うので、ラップトップ持参でした。

今回は クラウドについて学びます。

まず、「ナベザラス」という日本のおもちゃ会社の社長が、子供たちにアメリカのおもちゃの市場調査を依頼します。

 

 

そこで、早速けんじ先生は子供たちに紙を配り、市場調査を始めます。

ところが、紙の答えの集計に時間がかかって、ナベザラスの社長はいらいらし、納得いきません。

次に、ナベザラスの社長は、全米50州の正式名称を書くことを依頼します。

 

 

この依頼に、けんじ先生はまた、紙を配ってやろうとします。

結局、3分かかってたったの12州しか分かりませんでした。

そこで、失意のけんじ先生は、”SIJP Kids Software Inc.”という会社を作り、クラウドを使うことにします。

まず、クラウドとは何かをピザの注文を例にして、説明しました。

そのあと、クラウドサービスの1つである Google Docsの簡単な使い方を説明したのち、最初に取り組んだ市場調査をGoogle Docsを使って、全員で文書をシェアしてやってみました。

すると、沢山の情報を、それぞれのコンピュータからみんなで一度に、同じ文書に記入できたので、すぐに完成しました!

ナベザラスの社長も大満足。

そして、州の正式な名前の問題もクラウドを使ってみんなで協力して行うと、3分間で30近くも答えることができました。

 

*子供たちがみんなで文書を同時編集している様子は、次のビデオをご覧ください。

 

ところが突然ハッカーがやってきて、文書を書き換え始めました。州の名前が”Doraemon”などになってしまいました!!

みんなで手分けして、書き直しました。あー、ビックリした。

 

そこで、ナベザラスの社長から新たなお願いです。

日本から来るお客様のために、アメリカでお薦めの場所を教えてほしいとのことです。

そこで、先程作った州のリストに手分けをして、色々お薦めの場所を入れることにしました。

30分弱で、ドキュメントが完成しました。

実際に作成したドキュメントはこちらです。画面をスクロールしてご覧ください。

↓ ↓ ↓

 

最後に、クラウドを使うことの意義を説明して、講座は終了しました。

 

さて、今回の講座はいかがでしたか?

 

イベント後のアンケートには次のような感想がありました。

  •  全体に楽しくテンポがあり、インストラクションチームの方がとても良かったです。
  •  Casual & fun, not intimidating, very educational.
  •    おもしろくしていただいたところ、子供に目線を下げていただいたところ。

次回も楽しい講座を準備していますので、是非また参加してくださいね。

皆様とお会いできることを、スタッフ一同楽しみにお待ちしています。

 

参加スタッフからの感想・メッセージ
講師 (今崎 憲児

 

今回クラウドを教えたいと思ったきっかけは、初めてGoogle Docsで複数の人が同時編集ができたときの感動を伝えたかったからです。子供たちにはクラウドを使って、チームで一緒に何かを行うことの面白さが分かっていただければと思います。僕が働いているGoogleでも、一人で仕事はできません。必ずチームとして働くことが求められます。

“カラダとアタマで学ぶ”コンピュータ講座開催中@四つ葉学院

昨年12月より、子供コンピュータ講座の新しい試みが始まりました。
四つ葉学院さんとのコラボレーションにより、四つ葉学院さんの児童の皆様を対象に、出張講座を開催します!

今回は、記念すべき第1回目の様子をお届けします。
12月11日(土)Lake Hills Elementary にて、小学校中学年・高学年の児童の皆様に授業を行いました。
小学校の教室と体育館、2つの会場を使用させていただきました。

いつもとは違う先生に、最初は戸惑っていた皆さん。
授業が始まるとすぐに慣れ、元気いっぱい楽しく学んでいただきました 。

教室での授業では、指を使ったバイナリーの数え方や、バイナリー・シートを使った足し算・引き算を行いました。
苦戦しながらも指で数えられるようになったことで、シートを使った足し算・引き算も戸惑うことなく行うことが出来ました。

理解するのがとても早く、先生方が驚かれている場面もたくさん見受けられました。
お子様方の理解度はとても早く、私達も毎回驚いています。
片手だけなく、両手でバイナリーを数えることができるようになったお子様もいらっしゃいました。

img_20161210_100953

指を使ったバイナリーの数え方(小学校中学年)

img_20161210_103247

バイナリー・シートを使った足し算に挑戦中

img_20161210_111329

指を使ったバイナリーの数え方(小学校高学年)

体育館の授業では、体を使ってバイナリーを表します。

5人一組のチームに分かれ、10進数で書かれた数を、0と1で表します。
立っている人は”1″、座ってる人は”0″。皆で体を使って表現します。
5人ぞれぞれ、1、2、4、8、16と、自分の担当する数を何度も確認していました。

体育館に並べられた10進数のカードを走って取りに行き、各チームそれぞれ2進数に変換します。
さあ、”バイナリーダッシュ”のスタートです!

「○○ちゃん、立って!○○くん、座って!」と、リードしてくれる生徒さんもいらっしゃいました。
ゲームが終わっても、もう一回!と何度も復習しているチームも。

広い体育館を使って、体を使ったアクティビティに皆さん大興奮。
大きな笑い声と共に授業は終了となりました。

pano_20161210_104222

チームに分かれてスタンバイ中

img_20161210_104434

体育館でバイナリー・ダッシュ

 

スタッフからのメッセージ / 児童の皆さんからのコメント
講師 (渡邊 毅)

img_1477

今回は3つのアクティビティを通して、2進数の数え方と足し算引き算の基礎を学びました。最初に右手の指を使ってゼロから31まで数えましたが、みなさんちょっと戸惑っていましたね。

バイナリーシートで数を作ったり、足し引きし始めると、明らかに法則が見えて来て、自信を持って答えを見せてくれるようになりました。

作ったばかりのアクティビティ、バイナリーダッシュでは、チームワークを発揮しながら走ったり立ったり座ったり、とても楽しそうでした。

講座が終わった頃には、2進数がだいたいどんなものか、体験を通して理解出来たのではないでしょうか。2進数が物足りないと感じるならぜひ16進数もネットで調べてみて下さいね。きっとすぐ理解出来るでしょう。

参加された児童の皆さんからのコメント

  • ITのプロの人たちから、コンピュータについて学ぶ事ができてラッキーだった
  • はじめは難しかったけど、二進法を指で表す事ができて嬉しかった
  • 地球上にいる人間の数も、二進法やカラダを使って表せると聞いて、驚いた
  • 二進法の足し算が難しかった
  • 二進法のかけ算や割り算もやってみたい
  • 現地校でも少し勉強したので、分かりやすかった
  • 楽しかったので、またコンピューターの授業を受けたい

子供コンピュータ講座 クラウドを使って遊ぼう!開催のお知らせ

12月11日(日)、小学生から中学生のGoogle Docs等のクラウド技術を使ったことがないお子様を対象に
子供コンピュータ講座を開催します!
今回のテーマはクラウドです。

私達が普段使用しているサービス(Netflixなど)はクラウド技術を使用しています。
今回の講座ではGoogle Docsを使用し、遊びを通してクラウド技術について楽しく学びます。
いろいろなゲームを楽しんだ後は、レポート、記事を書くことにもみんなで挑戦します。

Seattle IT Japanese Professionals (SIJP) のスタッフと、クラウドを使って一緒に遊びましょう。
日本語でSIJPスタッフが丁寧に、そして楽しく指導します。
皆さんご是非ご参加ください!

前回の講座の様子はこちらから

img_1488

日時:12月11日(日曜日) 1:30 pm – 3:00 pm
場所:Kirkland Library – Meeting Room
308 Kirkland Avenue Kirkland, WA 98033
定員:16名
講師:SIJP スタッフ
参加費:無料
必要なもの:ラップトップ
参加登録:Eventbrite

*お時間があればhttp://www.typingtutor-online.com/en/aspx/Start.aspx などでタイピングの練習をしていただくことをおすすめします。タイピングの技術がない場合は音声入力を使用します。
*お子様が小さい場合は、保護者の方のお手伝いをお願いします。

 

【Event Report】コンピュータロジックについて楽しく学ぼう!

11月6日(日)Kirkland Libraryにて、子供コンピュータ講座 コンピュータロジックについて楽しく学ぼう!が開催されました。

参加されたお子様は、小学生以上27名。開館前から図書館の前には、たくさんの人だかりが出来ていました!

 

img_1442


今回はコンピュータロジックについて学びます。

部屋に入ると、いつも使っている机と椅子がありません。

どんなことをするのかな?

ワクワクしながら開始を待ちます。


img_1451


最初のアクティビティは、”仲間を探せ!”

用意された質問に答えながら、集合の関係を学びます。

カレーが好き?ラーメンが好き?それとも両方?

身近な話題を基に、クイズ形式で集合を作っていきます。

答えが分かれたらロープで区分け。ベン図の出来上がりです。

実際に自分たちが集合の輪に入ることで、基本的な考え方を身につけます。

img_1465


今度は実際に質問を考えます。

3つ質問をし、最終的にYESと答えた人が3人となるような質問を考えます。

なかなか3人にはならず、悪戦苦闘。

この頃には集合の関係性を感覚的につかめていたようです。

是非、ご自宅でもお子様と一緒にチャレンジしてみてください。

image

次のアクティビティは”モンスターバトル”。

ゲームを通して条件式を学びます。

条件や処理など、ゲームロジックの説明を一生懸命聞いています。

モンスターカード2枚とバトルシートを握りしめ、勇者になってモンスターとバトルを繰り広げます。

img_1470


さあ、いよいよバトルスタートです!

床に書かれたフローチャートを辿って進んできます。

いくつか用意されている条件では、自分でYesかNoを判断しなければなりません。

最初は時間が掛かっていたお子さんも、何度か繰り返すうちに素早く判断し、次に進んでいました。

みんなモンスターは全部倒せたかな?

img_1488


最後に実際のコードを見ながら、モンスターバトルのゲームロジックを振り返ります。

どのように書かれているのか、サンプルコードを読んでいきます。
Pythonで書かれたものを例に、先生と一緒に復習です。

さて、今回の講座はいかがでしたか?ベン図から条件式まで、体を使って学びました。

次回も楽しい講座を準備していますので、是非また参加してくださいね。
皆様とお会いできることを、スタッフ一同楽しみにお待ちしています。

 

参加スタッフからの感想・メッセージ
講師 (今崎 憲児 )

img_1463

集合やベン図という難しい概念を、できるだけわかりやすく講座に取り入れました。皆様いかがでしたか?

子供達からは、予想外の反応がいくつかあり、私自身とても楽しかったです。

ロープを使って集合を作ったことを思い出しながら、是非ご自宅でも色々な集合を作ってみてください。

繰り返し行うことで、一層効果が上がります。

講師 (渡邊 毅)

img_1477

ソフトウェアの開発でよく使うフローチャートは、処理の流れをロジックで表し、開発者はそれに従ってプログラミングをします。

お渡ししたPythonとJavaのコードを見ても分かる通り、プロフェッショナルな開発者も、毎日全く同じようにロジックを扱っています。

ロジックは実はとても簡単で、ANDやORなどを含む条件と処理を順番に実行していく、たったそれだけのことなんだ、ということに気づいてもらえたら幸いです。

 アシスタントスタッフ(SIJP学生部:高木 紫央)

img_0803

みんなでクイズに答えたり、ビデオを見ながら楽しくコンピュータの理論が学べました。
途中難しくてできない~と心配そうにしていた子たちもいましたが、誰一人あきらめることなく最後まで参加できたのは素晴らしかったです。

その一生懸命な姿勢を私も見習いたいと思いました。

*参加された皆さんへ*

これからも難しいことにたくさん挑戦すると思いますが、今日の授業のように、何事も楽しく一生懸命に、そして最後の最後まであきらめずに取り組む姿勢を大切に頑張ってください!

アシスタントスタッフ(SIJP学生部:有賀 康祐)

img_0736

子供たちが楽しそうにコンピューターサイエンスの勉強をしているのを見られてとても嬉しかったです。

ぜひまた来てください!

子供コンピュータ講座 コンピュータロジックを楽しく学ぼう!開催のお知らせ

11月06日(日)、小学生以上のお子様を対象に、子供コンピュータ講座を開催します!
今回のテーマはコンピュータロジック(論理回路)です。

私達が普段使用しているスマートフォンやタブレット、PCなどのコンピュータだけではなく
ほぼすべての電化製品に論理回路が用いられています。
実は私達の普段の生活の中でも、無意識にこの考え方を使っているんです。

今回の講座では、このコンピュータロジックを、様々なゲームを通して楽しく学びます。
Seattle IT Japanese Professionals (SIJP) のスタッフと一緒に、コンピュータロジック(論理回路)について学びましょう!
日本語でSIJPスタッフが丁寧に、そして楽しく指導します。
皆さんご是非ご参加ください!

前回の講座の様子はこちらから。

img_0798

 

日時:11月6日(日曜日) 1:00 pm – 3:00pm
場所:Kirkland Library – Meeting Room
308 Kirkland Avenue Kirkland, WA 98033
定員:25名
講師:SIJP スタッフ
参加費:無料
参加登録:https://www.eventbrite.com/e/28586507012?aff=sijpweb

*お子様が小さい場合は、保護者の方のお手伝いをお願いします。

 

【Event Report】子供コンピュータ講座 Binary Number(2進法)について楽しく学ぼう!

10月1日(土)、小学生以上のお子様を対象に行われた、子供コンピュータ講座の模様をお届けします。

参加されたお子様は、小・中学生併せて26名!小雨の降る中、楽しみに参加してくださいました。
今回のテーマは2進法。保護者の皆様が見守る中、いよいよスタートです!

 

img_0731
最初のアクティビティは、指で数える2進数。
声を出しながら、皆でゆっくり数えていきます。
「さいしょはグー!」と同じ掛け声を使い、「さいしょはゼロ!」と声を揃えて数え始めます。
最初は戸惑っていたお子様も、繰り返し数えて慣れてきたようです。
隣に座っているお友達と楽しそうに競争していました。

 

img_0763img_0770
次は、2進数で書かれた数字を切り取って、バイナリシートを作ります。
丁寧に切り取とったバイナリシートの裏には、10進数で数を書きました。
この頃には、2進数と10進数の違いをきちんと理解したようです。

 

 

img_0782

さて、いよいよ2進数のたし算・引き算です。
バイナリシートを使いながら、実際に問題を解いていきます。
指とシートを使いながら、一生懸命考えます。
各テーブルに居るスタッフも、隣でしっかりとサポート。
お友達同士で教え合いながら、一緒に問題を解いているお友達もいました。いいチームワークです。
全ての問題を正解したら、スタッフからお菓子のプレゼント!やっぱりご褒美は嬉しいよね!

 

img_0798
最後は16進数にチャレンジ!
16進数で書かれた数字、ユニコード表を使い、暗号解読に挑戦します。
暗号を解くとスタッフの名前に。暗号に書かれたスタッフを見つけて、ご褒美をゲット!
「○○さーん!どこー!」と、大きな声で頑張って探していました。

 

 

2時間弱という短い時間でしたが、2進法から16進法まで、様々なアクティビティを通して楽しく学びました。
次回のテーマは、サーチ/ソートアルゴリズムを予定しています。
詳細は後日お知らせしますので、今回参加できなかった皆様も、是非お友達と一緒に参加してみてくださいね。
スタッフ一同お待ちしております。

 

参加スタッフからの感想・メッセージ

講師 (渡邊 毅)

img_07672進数はややドライなトピックで、子供たちがどのぐらい興味を持ってくれるか心配でしたが、
ゲーム感覚の講座内容だったからでしょうか、ワイワイと楽しみながら学んでいました。
10進数に慣れてしまっている大人と違い、子供の頭はまだクセがついていないようです。
2進数の数え方だけでなく、16進数の扱い方も自然に身についていたようです。

*参加された皆さんへ*
指で数える2進数、ぜひお友達にも教えてあげてください。
くれぐれも「4」の時は周りに気を付けてね!

 

 アシスタントスタッフ(SIJP学生部:金 瑛秀)
dsc_5310
次の若い世代に自分たちの知識を伝えるという経験は、子供達から元気をもらうだけで
なく、幅広い年齢層の人たちが所属しているこのSIJPという団体の “シェアする気持ち”
の温かみを感じることができました。
参加してくれた子供達には、これからもいろんなことに目を輝かせながら興味を持って
チャレンジして欲しいです!

 

アシスタントスタッフ(SIJP学生部:上岡 恵郎)
dsc_5302
エネルギーに満ち溢れた子供達、とてもかわいかったです。
そういったお子様達と接する事で、私達もたくさんエネルギーをもらった気がします。
*参加された皆さんへ*
おぼえるのがとてもはやくて、おどろきました!
これからもたくさんべんきょうして、たくさんあそんでください!

 

10月1日(土)子供コンピュータ講座 会場のお知らせ

子供コンピュータ講座 Binary Number(2進法)について楽しく学ぼう! が、今週の土曜日に開催されます。
定員まで少し余裕がありますので、参加をお考えの方は是非この機会にお申込みください!

今回の講座の会場ですが、Microsoft building 27での開催となります。
住所:3009 157th Pl NE Redmond,WA 98052

開始時間近くになりましたら、Southビルディング入口にてお待ちください。
担当スタッフがご案内いたします。
(Northビルディング入り口は使用できませんのでご注意ください。)

それでは、スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

*詳細はこちらの地図をご確認ください。
bld27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供コンピュータ講座 Binary Number(2進法)について楽しく学ぼう! 開催のお知らせ

10月1日(土)、小学生を対象にした子供コンピュータ講座を開催します。
今回のテーマはBinary Number(2進数)です。

コンピュータは、どんなに難しい計算でもあっという間に計算をしてくれます。
皆さんはコンピュータがどのように難しい計算をしているか、知っていますか?
実は、すべての数や情報を0と1だけで表しているんです。
電波に乗ってスマートフォンに届くメッセージも、すべて0と1だけで送られています。

では、いったいどうすれば0と1だけで情報を表せるのでしょう?
その秘密はBinary Number(2進法)という数の表し方にあります。

Seattle IT Japanese Professionals (SIJP) のスタッフと一緒に、楽しくBinary Number(2進法)について学びましょう!
今回の講座では、紙と鉛筆を使って、遊び感覚で解りやすくBinary Number(2進法)を学びます。
日本語でSIJPの社会人スタッフと学生ボランティアが丁寧に、そして楽しく指導します。
皆さんご是非ご参加ください!

 

日時:10月1日(土曜日) 4:00 pm – 6:00pm
場所:Microsoft Building 27
3009 157th Pl NE Redmond, WA 98052
定員:25名
講師:渡辺毅 (Microsoft Corporation)
参加費:無料
必要なもの:鉛筆、ハサミ
*お子様が小さい場合は、保護者の方にお手伝いをお願いします。

駐車場など会場周辺の地図はこちら↓
http://sijp.org/binarynumber-location/

 

申し込み方法:https://www.eventbrite.com/e/binary-number2-tickets-28025407749
*会場入場管理の関係上、キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いします。 event@sijp.org

 

講師紹介

13595413_1789883074580245_621583481_n

渡辺毅 (Microsoft Corporation)

福岡県出身。高校卒業後、オハイオ州へ語学留学し、国際関係学の学位を取得。
大学卒業間際にC言語プログラミングに夢中になり、コンピュータ・サイエンスを学ぶために
大学院へ進学。卒業後はボストン近郊で、スタートアップやゲーム会社起業でキャリアを積み、
2014年にDELLから Microsoft に転職。2016年には Skype から Universal Store へ転職し、
製品オンボーディング・ワークフローシステムの開発に携わっている。