3月27日 SIJP主催 我孫子泰祐さん講演会のお知らせ

3月のSIJP講演会のお知らせです。申し込みはhttps://www.eventbrite.com/e/16064498347からお願いします。

我孫子泰祐さん講演会「ネイティブコードを語る。」

逆アセンブルを眺めながらネイティブコードの楽しさについて語ります。ハング・メモリリークなど、ソフトウェアエンジニアであればだれでも経験するであろう問題について夏休みの自由研究のように観察します。

当日は簡単な食事および伊藤園からのお茶が提供予定です。

【開催日時・場所】

  • Date / Time: Mar 27, 6:30pm – 9:30pm
  • Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
  • Admission fee (light dinner is served): Students $5, Adults $10

【講演者略歴】我孫子 泰祐

大学院にて非ノイマン型プロセッサを研究し、卒業後に小さな会社を立ち上げるも諸般の事情で日本マイクロソフトに入社。その後マイクロソフト本社へ転籍。現在は Windows部門にてソフトウェア開発に従事。工学博士。
我孫子 泰祐

【内容(予定)】

  1. ネイティブコードとは?
  2. 逆アセンブルからCソースを脳内生成してみよう(バグ修正の存在確認)
  3. コンパイラによる最適化を観察してみよう(デバッグビルドとリリースビルド)
  4. 関数コールの仕組みを観察してみよう(関数呼び出し規約、スタックメモリ)
  5. 森の中でメモリリークに出遭ったら(ヒープメモリの観察)
  6. 森の中でハングに出遭ったら(クリティカルセクションの観察)
  7. 森の中でバッファオーバーランに出遭ったら(ガードページとクラッシュダンプ)

【スポンサー】

 ITOEN LOGO  BCA LOGO

2月27日 SIJP主催 鷹松弘章氏講演会のお知らせ

2月27日のSIJP講演会のお知らせです。まだ、空席があります。申し込みはhttp://takamatsu.eventbrite.comからお願いします。また、http://goo.gl/forms/EgbmqzdVu5 で事前質問を募集しています。

採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

Date / Time: Feb 27, 6:30pm – 9:30pm
Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
Title: Switching jobs from a manager’s view point
Speaker: Hiroaki Takamatsu, Principal lead of software engineering in Microsoft
Admission fee (light dinner is served): $10
就職活動シリーズ、前回の講演のノウハウを採用側からの視点でお伝えします。エンジニアとして就職したい学生の方、別の会社にも興味があるけど、アメリカで転職なんてしたことないし…という方に役立つ情報をコンパクトにまとめてお伝えします。採用側はどのように人を見るのか、採用の判断基準はどんなものがあるのか、など盛り込む予定です。
【講演者略歴】 鷹松 弘章
1994年よりロータス株式会社の製品開発分野を歴任後、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト)を経て、2001年米国Microsoft Corporation入社。Windows Media Center, Windows Media Player, Windows Vista, 7, 8, 8.1 のリリースを手掛け、現在は同社Operating System 部門のプリンシパルリードを務める。モットーは理解せずには前に進まない

2月27日:採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

taka

採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

Date / Time: Feb 27, 6:30pm – 9:30pm
Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
Title: Switching jobs from a manager’s view point
Speaker: Hiroaki Takamatsu, Principal lead of software engineering in Microsoft
Admission fee (light dinner is served): $10
就職活動シリーズ、前回の講演のノウハウを採用側からの視点でお伝えします。エンジニアとして就職したい学生の方、別の会社にも興味があるけど、アメリカで転職なんてしたことないし…という方に役立つ情報をコンパクトにまとめてお伝えします。採用側はどのように人を見るのか、採用の判断基準はどんなものがあるのか、など盛り込む予定です。
【講演者略歴】 鷹松 弘章
1994年よりロータス株式会社の製品開発分野を歴任後、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト)を経て、2001年米国Microsoft Corporation入社。Windows Media Center, Windows Media Player, Windows Vista, 7, 8, 8.1 のリリースを手掛け、現在は同社Operating System 部門のプリンシパルリードを務める。モットーは理解せずには前に進まない

Invitation to a First Ever “Happy New Year” Chackathon in Seattle 1/24 (Sat)

chakkathon

SIJP is a networking community mainly for Japanese professionals working in the IT industry. We are pleased to announce that many have joined our events throughout 2014 and are a community that gathers 40 to 100 people each of our guest speaker events. SIJP have also started a programming class towards children because the Japanese community has many family and small children. The programming class was held throughout one day with 2 sessions and both sessions were sold out with children learning how to code. We would like to continue to grow the Japanese IT professional community in 2015 also.

That is why we like to start off with our first ever SIJP “Happy New Year Chackathon in Seattle” at 1/24 (Sat).

“Chackathon” is a created word between “cha” (means tea in Japanese), “hack” and “marathon”. “Hackathon” is a place for people with different backgrounds to discuss different topics, innovate and create ground-breaking ideas. At “Chackathon”, we will discuss and communicate open-minded with a nice cup of Japanese tea. The event has been held at Silicon Valley and Tokyo total of 3 times but has never been held in Seattle. This will be first ever “Chackathon” in Seattle!

At this event, we will gather about 30 people and split them into 5-6 people teams. The teams will discuss ideas, present and compete against each other. We will choose the best presented idea and take action back to the community but we would like to set the first event’s goal as settling the “Hachkathon” culture. We are planning to have one or two English teams where they carry out discussion and present the idea in English while other teams will be using Japanese. We will have onsite translators. We would like to have people with many different professional backgrounds in order to have a diverse discussion. Homemakers are also very welcomed. Please note that we will have selection process if there are many applications.

After everyone discussed all their ideas over a delicious cup of tea, we are also holding a traditional Japanese Mochi Festival. We would like to give every participant at the festival of all ages a chance to pound the mochi rice with a traditional Japanese pestle. There is no other best tasting mochi in the world than the ones you have pounded yourself. Everyone is invited to the festival!

We plan to have a $5-$15 fee for all the ingredients and costs for holding the event. Please see the “Event Participant Fee” page for more information.

“Chackathon”Event Information

The first topic for Seattle’s 1st Hackathon is…

“What can we do to increase the Japanese community population in Seattle to 50,000 people (current population is 6,300)?  

The Pacific Northwest is one of the first places a Japanese set foot in America. The history, weather and region are very suitable for the Japanese but still cannot get rid of the tourist image of Seattle. There are major corporate companies based in Seattle such as Amazon and Microsoft. The IT business is switching over to the cloud computing and the new generation of Japanese IT technicians has many new opportunities in the Puget Sound area. What would the new generation want from the community? How would they continue to connect as the community grows? How would we integrate and utilize the experience of 2nd, 3rd and 4th generation? Why do students often go back in just 1 year? Why are there less 30 year old generation? Etc. We would like to discuss these kinds of topics through the “Chackathon”.

Please register at http://goo.gl/forms/5DUfSa0SNq and we are looking forward to seeing you! The deadline for application is 1/9.

If you have any questions please contact:  chakkasonseattle@gmail.com

Event Information

Date:1/24(Sat)

Place:Bellevue Children’s Academy (14640 NE 24th St Bellevue, WA 98007)

Program:

  • 1:00 Door Open/Networking
  • 1:30 Program Start/Schedule Information/Team Formation
  • 2:00 Idealization
  • 3:45 Presentation(Each team total of 10 min, 5 min presentation and 5 min Q&A)
  • 5:00 Judge&Mochi Festival
  • 6:00 Winner Announcement
  • 6:30 Clean up/Networking
  • 7:00 Close

Event Fee(Day of Event, Cash Only)

  • Full Participation:$15
  • Visitor:$10
  • Children (Under Age 12, Mochi Festival Only):$5
  • Children (Under Age 5):Free

The fee’s will be for the event and the Mochi Festival ingredients.

 

『新年おめでとう』茶ッカソン in Seattle 第一回 開催のお知らせ & 一般参加のお誘い

いつもSeattle IT Japanese Professional (以下略SIJP)イベント参加ありがとうございます。SIJPではIT関係に勤める日本人を中心に広く交流を進めてまいりました。おかげさまで2014年中も地域で活躍される方々に多く参加いただき、不定期ながらもSIJPの主催する講演会には40人から100人以上の参加者(主に日本人)を常に集められる程のコミュニティに成長しています。日本人コミュニティの中には小さい子供を持つ家族も少なくないので、先週末には日本語での子供向けのプログラミング講座を午後2回に渡り開催したところ、こちらも大変好評を頂きました。来たる2015年も引き続き、日本人IT技術者を中心としたコミュニティを育ててゆく所存です。

そこでSIJPでは新年の企画第一弾として、『新年おめでとう茶ッカソン in Seattle』というイベントを1月24日(土)に開催いたします。

茶ッカソン』とは「お茶」と「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語です。これまで様々なバッググランドの人々が集まり、共通の議題をディスカッションし、画期的なアイデアやイノベーションを生み出す場を『ハッカソン』と呼び、東北の震災時にも様々な団体が垣根を越えた活動をしました。「茶ッカソン」では、ハッカソンのスピリットにお茶をたしなみながら、さらに裾野の広い良質なコミュニケーションを図る試みです。これまでにシリコンバレーと東京で3回ほど開催されてきましたが、シアトルは今回が初めての試みとなります。

イベントではシアトル地域から参加する30人余りの方々を各5-6人程度のチームに分け、チーム対抗で様々なアイデアを議論・発表します。最終的にはよりすぐれた案を選びコミュニティへフィードバックしてゆきますが、第一回の目標はまず今回をきっかけに「ハッカソン文化」をシアトル日本人コミュニティに根付かせることにあります。今回はシアトル初めての開催になりますので議論は日本語のみ、また人数制限等の為に参加者希望者の数が多い場合は選考があることを予めご了承ください。議論の多様性を高めるためいろんな職業、バックグラウンドの方の参加をお待ちしています。主婦および主夫の方も大歓迎です。

イベント当日は皆さんにおいしい茶を飲みながら色々アイデア出していただいた後には「昔ながら」の餅つきを企画しています。腕に覚えのある方、無い方、大人・子供、どんな方でも希望される方には杵(きね)を一度は握れるよう準備いたしております。つきたてのお餅は何時食べても美味しいものですが、ご自分でついた餅は格別です。ふるってご参加ください。

なお、今回のイベント参加にあたっては餅つきの材料費など諸経費を賄うために各$5~$15ほど徴収させていただく予定にしております。詳しくは「イベント参加費」をご覧ください。

 

「茶ッカソン」イベント内容について

記念すべきシアトル第一回茶ッカソンのテーマは

“シアトルの日本人永住者を5万人(現在約6300人)にするにはどうすればいいか?”

このアメリカ北西部は日本人が初めて入植した土地。歴史に季候、土地柄と日本人が馴染みやすい土地柄ですが、なぜか観光地程度のイメージから払拭できずにいるように見受けられます。近年はAmazon.comの台頭やMicrosoft Corp.のクラウドビジネスへの転換でにわかに新世代のIT技術者で湧くPuget Sound地域はあるいは日本人気質が新たに求められる時代が来るかもしれません。そんな新しい世代に日本人がこの地域で求めるものは何なのか?定住者を増えてゆくことで躍進の伝手はあるのか?地域に多く活躍する日系3世、4世の皆様の経験を有効活用するには?多くの学生が1年近くで帰ってしまうのはなぜか?30代の若手永住者が少ないのはなぜか?などなど、新年の祝いを交えながら色々議論をしてみたいと思います。

年末・年始お忙しいところとは存じますが、なにとぞ参加・協力のご検討のほどよろしくお願いいたします。クリスマス前で恐縮ですが1月9日まで http://goo.gl/forms/ua9539GiHOから申し込んでください。

何か質問がありましたら、chakkasonseattle@gmail.comにメールをお願いします

イベント日時・開催場所

日程:1月24日(土曜日)

場所:Bellevue Children’s Academy (14640 NE 24th St Bellevue, WA 98007)

プログラム(予定):

  • 1:00 開場・ネットワーキング
  • 1:30 プログラム開始・スケジュールおよび内容説明・チーム分配
  • 2:00 Idealization
  • 3:45 プレゼンテーション(各10分以内、5分のプレゼンと5分のQ&A)
  • 5:00 審査&餅つき
  • 6:00 結果発表
  • 6:30 後片付け・ネットワーキング
  • 7:00 閉場

イベント参加費(当日、現金払い)

  • 一般参加:$15
  • 観覧のみ:$10
  • 子供(12歳以下)(餅つきのみ):$5
  • 子供(5歳以下):無料
  • 餅つきボランティア:無料(人数制限あり)

今回の参加費の当日の開催費用の他、餅つきの材料費等に使用させていただきます。

餅つきボランティア大募集

当日は本格的な臼と杵を使い、餅つきを慣行いたします。楽しくシンプルな協同作業ですが、多少のボランティアが必要です。当日および前日にかけてご協力をお願いいたしたく、興味のある方はどうぞサインアップよろしくお願いいたします。

  • 当日:道具・荷物搬入手伝い(3名)、キッチン(3名以上)、餅つき雑務(1名-搬入手伝いと兼務可)
  • 前日:もち米とぎ(4名)、雑煮用野菜準備(3名)

 

12/13(Sat): Computer Programming Class for Kids

Can you imagine your everyday life without computer and smart phones?
We are taking IT for granted, as it has become a big part of our lives.
Now, would you like your children to get used to Programming Languages
so that they could recognize and appreciate this IT world, even from an early age?
We are offering “Computer Programming Class” for young kids, introducing a tool called
Scratch.  Kids will learn how to create easy games using basic Computer Programing skills.
Our wonderful college students (10 members) will volunteer to teach your children
with great skills and big smiles 🙂
Date : Saturday, December 13th
<Class #1 > – starts from 1:15pm, ends at 2:45pm – SOLD OUT
<Class #2 > – starts from 4:00pm, ends at 5:30pm
Register from here – https://sijp-20141202.eventbrite.com
(we will teach the same content for the first and the second class)
Place : Bellevue Childrens Academy, building 2
(14600 Northeast 24th Street, Bellevue)
Participants Age : K, Elementary School Students
Fee : $5.00 (pay at the door)
Language used in the session : Japanese/English
Sponsors : Bellevue Children’s Academy三井まりこ(Mariko Mitsui) 、スコット津村 (Tsumura Scott)
*Participants are encouraged to bring their own laptop from home.

 

Frozenが好きな子供達のための講座の紹介。また、12月13日の子供用のプログラミング講座の4時の部の募集中です。

Frozenが好きな子供達には次のプログラミングレッスンがあります。夢中になると思います。そして、12月13日のプログラミング講座にいきたくなると思います。

https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)がまだ半分の席に空席があります。優しい大学生のお兄さん、お姉さんたちが教えてくれます。

子供達のためのプログラミング教育の必要については、次のまとめをご覧ください。

 

 

12月13日子供用プログラミング講座のチケット発売開始です。

パソコンやスマートフォンを誰でも当たり前に使うようになりITが重要になってきた今、子ども達に早いうちからプログラミングに慣れ親しみさせてみませんか?今回の子どもプログラミング講座ではScratchというツールを使って子ども達に簡単なゲームの作り方を教えます。

講師をつとめるのは、学生のボランティアが10人です。優しいお兄さんやお姉さんが教えてくれます。

日時:12月13日(土曜日):第一部:午後1時15分から2時45分まで、第二部:午後4時から5時半まで(第一部、第二部とも内容は同じ)

場所:BCA2 (14600 Northeast 24th Street, Bellevue)

対象:小学生

参加費:5ドル(当日現地で支払い)

言語:日本語

協賛:Bellevue Children’s Academy三井まりこスコット津村

*ラップトップ持参推奨

チケット申し込み:https://sijp-20141201.eventbrite.com (1時の部), https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)

12月13日子供向けプログラミング講座

パソコンやスマートフォンを誰でも当たり前に使うようになりITが重要になってきた今、子ども達に早いうちからプログラミングに慣れ親しみさせてみませんか?今回の子どもプログラミング講座ではScratchというツールを使って子ども達に簡単なゲームの作り方を教えます

日時:12月13日(土曜日):第一部:1時15分から2時45分まで、第二部:4時から5時半まで(第一部、第二部とも内容は同じ)

場所:BCA2 (14600 Northeast 24th Street, Bellevue)

対象:小学生

参加費:5ドル(当日現地で支払い)

言語:日本語

協賛:Bellevue Children’s Academy, 三井まりこ

*ラップトップ持参推奨

チケット申し込み:https://sijp-20141201.eventbrite.comhttps://sijp-20141202.eventbrite.com (発売開始:12月1日、正午から)