Team English “Maccha Latte”

What do you get when you mix tea and hackathons? You get a Chackathon. The Chackathon is a portmanteau of Cha, the Japanese word for tea and Hackathon, a competition in which teams compete to make a software application. This hackathon didn’t involve hacking but the atmosphere was just as innovative as an actual Hackathon.

 

The Chackathon

 Chackathon

The discussion topic was “how to get 50,000 Japanese living in Seattle”. Most of the teams at the Chackathon were Japanese but I joined the only English team because I felt more comfortable speaking English than Japanese. Our team name was “Matcha Latte,” to reflect the Japanese community in Seattle, a city famous for coffee. As the hackathon started, a representative of Ito-En handed all the participants four of their green tea products. One of them was the standard “Oi~ Ocha” green tea that is seen all over Japan, but the other three were products I have never seen before. As I was carried away by my team’s fervent discussion during the Chackathon, I realized that I had consumed all four of my drinks 30 minutes into the Chackathon while my teammates were still sipping at their first bottle. It was a decision I would regret later on.

Chackathon 2

Sip slowly, but don’t drink all four at once! (Photo credit of Mari Kuster but we should use our own photo if we have one…)

 

The timer stopped and the teams began to present. The Chackathon had three judges and we were judged on “creativity”, “realistic”, “scalability”, “presentation” and “teamwork”. All 6 teams that presented came up with incredible ideas. I remember one team proposed a Japanese drama set in Seattle while another proposed building a bathhouse to attract more Japanese to Seattle.

 

Our team first, determined that 50,000 population growth to be unrealistic and instead proposed a more realistic goal of 27,000. We realized that Seattle needed a platform for Japanese to live in aspects of business, education, sports/entertainment, media/local organization and retirement. Our team wanted to encourage WA state to increase import/export and lobby state to have similar incentives such as “Start up New York”. There was also a need to redevelop an area where the Japanese can live together like Spring District. We then came up with idea’s like  bringing J-league to play against Sounders FC and Sumo exhibitions to Seattle like Vegas for entertainment. Our team noticed that all the current Japanese organizations were working too much on their own and felt the need to bring together all the organizations. Which we came up with an idea called “Meet me at the J” community center. We also proposed to promote Seattle’s beauty and use a Panama Hotel model to make more welcome.

 

After all presentations and all of our brilliant ideas, “Maccha Latte” team did not win 1st or even 2nd place (They only announced to 2nd place). We thought we had the most logical and realistic idea to help Seattle and the Japanese community. But our presentation did go over time and it did feel like we lacked creativity. We learned that next time we will try to go more creative and bring a brilliant innovative idea to help the Japanese community. I would personally like to keep all these ideas going and help grow the Japanese community in Seattle.

Mochitsuki: Pounding Rice

 Chackathon 3

After the presentations were finished, we moved into Mochi-tsuki, a Japanese New Year custom where participants help make mochi ricecakes by pounding at rice with two-handed wooden hammers. At this point, my body felt a bit weird. It felt like the exact opposite of being drunk. My muscles were twitching and I had a subtle headache. I think I overdosed on caffeine during the Chackathon so I couldn’t participate in the Mochi-tsuki due to safety reasons. But I had a great time watching everyone make mochi and eating the mochi.


Overall, I believe it was a successful Chackathon. I was happy to see ~30 participants of all ages and professions come together to innovate at the Chackathon. I certainly hope that this Chackathon can provide the Japanese community in Seattle with new ideas on growing the Japanese community in Seattle.

[slideshare id=44003929&w=476&h=400&sc=no]

子供向けプログラミング講座の感想など

インターネット上にはいろんなスクラッチの講座があります。機会があれば、子供さんと一緒にやってみてはいかがでしょうか?例えば

講座で使用した資料は次のリンクにあります。Scratchでゲームを作ろう

また、子供さんの保護者の方から次のような感想をいただきました。どうもありがとうございました。

プログラミングに興味を持つ良い機会になりました。
次回があればまた参加したいです。
ボランティアの皆さんには、前知識ゼロの幼稚園児にもとても丁寧に楽しく教えて頂けたようで、息子もとても喜んでおりました。 ありがとうございました。
娘が楽しくプログラミングの勉強ができて、とても喜んでいました。
大変ありがとうございます。又、このような機会があれば参加させて頂けたらと思っています。
息子が大変楽しませて頂きました。ありがとうございます。
翌日、家でもさっそくScrachにアクセスして、楽しんでいました。
子供の話では、とても楽しかったようです。帰宅の車の中で、「来週もあるの?」と生き生きして尋ねてきました。また機会があれば参加する意欲満々です。どうもありがとうございました。
楽しかったらしく、子供がまた参加したいと言っています。
中学校、高校対象の講座も開催して頂けますと嬉しいです。
ほぼマンツーマンの形で、教えて下さった方も非常に辛抱強く丁寧に子どもに対応してくれて、良かったです。

 

 

今日の子供向きプログラミング講座のレポートについて

カスター麻理さんが詳しくレポートしていただきました。どうもありがとうございます。

今日開催した2セッションとも満員盛況となりました。子供達の真剣な、また楽しそうな顔をみると、学生ボランティアともども、この企画をやって良かったなと思っています。できれば、継続的に開催していきたいと思います。参加していただいた方々、どうもありがとうございました。

Google Vice President of Engineering Mr. Chee Chew Presentation Report

chee

One of my major goals in life is creating a community where people can express our similar visions of life. I have always thought creating my own projects and potentially turning it into a start-up would be an option, a very challenging option but worth it to show my vision to the world. In order to succeed as much as possible, I have always felt the need to constantly be learning. I like to learn to grow my projects, to become a better person and to be happy on what I value. One of my learning curves is reading. Constantly reading and learning is very important and it was mentioned in Mr. Chee Chew’s presentation. I was able to come across his presentation because I was trying to learn the principles of Google from the book “How Google Works” by Eric Schmidt & Jonathan Rosenberg and Seattle IT Japanese Professional gave me the opportunity to learn directly from Mr. Chew.The major parts that I believed were important in the presentation were East Asian leaders and the culture difference from Westerns, team building, psychology and the priorities matrix.

East Asians have a very distinctive culture than American culture. I personally felt the difference growing up and working in both Japan and the United States. Sarcasm was one huge difference that Mr. Chew has pointed out. Japanese, in my experience also, do not use sarcasm as much and most do not even bother using it at all during work. It is also hard for many Japanese to stand up to their superior even if they think it is right. It comes from a great culture of respecting elders and others. It is for respecting the face of others, never to shame others or to be ashamed. Challenging authority can feel like you are being disrespectful to the Japanese. But it can be done in a very respectful way and is considered very courageous. And to climb up the corporate America ladder, sarcasm and expressing your opinion is very important. It is a key for gaining respect from others and being a leader. You cannot just be in the corner working on your task if you want to climb the corporate ladder. You have to engage with co-workers and communicate well. Know what your co-workers are working on and be able to help them when they need a hand. That is what leaders do well. Know about his or her peers very well and how to communicate with them.

Knowing what each person’s view and what motivates them is very important as a leader. Each person on your team grew up from a different background, has different views in life and has different things they get excited about. In order to maximize your team’s productivity, you must get to know each person and motivate them in different ways. Motivate them in ways that are most appropriate for each person and customize your interactions with each person. Your teammates also has to make different sacrifices in order to be a successful team. The team that knows each other the most and can find a middle-ground of sacrifices will have a better chance of succeeding. It is also better to have a good understanding of yourself to communicate well with others. A person with high EQ will have a better understanding of themselves and others.

Mr. Chew has also mentioned that EQ can be trained through the course of your life. And understanding psychology can play a major role developing ones EQ. Learning triggers through

psychology can really help ones growth. I believe that Japanese need to learn inner psychology the most because most of their action comes from external factors rather than their internal. Japanese society has a very strong way about always fitting in. Fitting in with the society is very important for the Japanese and plays a large role in the external factor. This will make it very hard for the Japanese to turn off their lizard brain and follow their gut. Most Japanese hate to embarrass themselves and hate to fail very strongly especially in public. It is very shameful to them and hard to get over. I can tell you that if there is a mixed culture at a party, the typical Japanese will never be one who starts dancing or who becomes silly and ice breaks the party. Japanese has also had the culture in the Age of Civil War when ones defeat equals ones death. It is over in one try. That is where the term “hara-kiri” comes from. That culture explains some of the reasons why Japan has one of the highest committing suicide rates. Failure is not an option to many people in Japan.

None of us like to fail and we try not to fail as much as possible. But we must be willing to risk failure to grow and learn. Learn from our failures and simply move on. We have to accept failure and keep taking risks to grow. To take risks, we have to learn to control our emotions outside our comfort-zone. When we can control our emotions outside our comfort-zone, we will have an opportunity to grow. It is hard for most people to go out of their zone and we will have to sometimes purposely push ourselves somewhere outside of that zone. Continuing to train outside of your zone and expanding your EQ will have a big impact on your success.

Setting priorities and taking action will also have a big impact on succeeding. But you will have to know which priorities to take care of first. Many leaders tend to focus on priorities that are urgent and high in importance. But the most important priorities that leaders need to focus on lies where it is not as urgent but important. Because when you focus too much on the most urgent and most important problems, you will not be able to sustain growth for your team or yourself. You will always be stuck working on the urgent and important problems. And if it is very urgent, someone in your team can take care of it. We tend to keep pushing back the less urgent but high priority problems. We know we would like to increase our communication skills, personal development issues or invest in team infrastructure but always put it back. When you keep putting off those problems that you know are important but not as urgent later on, it always snow balls and becomes a larger problem in the end.

There are many ways to view your own life or projects and there is never one answer. But to achieve your personal challenges and the higher the challenges are, the more you will need to grow and have a better team. To grow, you will need to be constantly curious, failing and learning. We will have to know well about our priorities and know which ones to work on. Knowing yourself and being able to control yourself is also one of the keys to success. Pushing yourself out of your comfort-zone and understanding about others views can help you achieve your wants in many ways. We can achieve more by constantly learning, thinking and growing with other teammates.

Here is interesting diagram that Mr. Chee mentioned during the talk

chee

GoogleエンジニアリングディレクターChee Chew氏講演会レポート

「アメリカに住む日本人として文化の違いにとまどったことはありますか?」

「日本人としてのアイデンティディに囚われて、ここぞという時に一歩踏み出せないことはありますか?」

アメリカに住む日本人としてありがちなジレンマに答えを求め、今回はGoogleエンジニアリグディレクターのChee Chew氏の講演会にやってきました。今回も会場を提供してくださったBellevue Children’s Academy様、ならびにおいしいお茶をたくさん寄付していただいたスポンサーの伊藤園様、ありがとうございました。

「ルームメートへの復讐」

マレーシア生まれで、サウスキャロライナとケンタッキー州で育ったChee氏は、典型的なアジア人家庭で育ち、医者になるようにと将来のキャリアパスまで看護婦のお母さんに決められていました。そんなお母さんに促されるままマサチューセッツ工科大の医学部に入学したのですが、そのときのルームメートとの出会いがChee氏の運命を変えるのでした。

Chee氏のルームメートはいたずら好きなコンピュータサイエンス専攻の学生で、9歳のころからプログラミングを始めた筋金入りのプログラマー。テトリスには自信満々だったChee氏に、絶対勝てないテトリスをさせたり、Chee氏のコンピュータにウイルスを仕込み、立ち上げると「Cheeのアホ」というメッセージが出るいたずらをしたりとやりたい放題でした。

しかしある日Chee氏はそんなルームメートに復讐を誓いプログラミングを始めます。この復讐計画がキッカケとなりプログラミングにはまったChee氏は、医者にならずにマサチューセッツ工科大のコンピュータサイエンスの修士課程を修了し、プログラマーになってしまいました。

「マイクロソフト時代」

Chee氏の最初の仕事はマイクロソフトでのプログラマーです。典型的な中国人プログラマーのように、一日中誰とも話をせずにオフィスに引きこもり、ひたすらコードを書くのが日課でした。奥さんに「マネージャにならないの?」と聞かれても「マネージャになるくらいなら会社辞める。」と答えるくらいマネージャ職には興味がありませんでした。

ところが最初に小さなチームを任され、そのチームが徐々に大きくなるにつれてマネージャ職のおもしろさに目覚め始めました。しかしそれと同時にたくさんの失敗も犯しました。

例えばChee氏の部下のマネージャがミーティングで何かを提案したときに、そのマネージャの部下たちがいるミーティングでマネージャの提案にことごとくダメ押しし、その上Chee氏自身のアイデアのほうがいかに理にかなっているか説得してしまい、その結果そのマネージャは自分の部下たちからの信用を失った挙句に会社を去りました。

またある時はカフェテリアに響き渡るような大声で部下を叱責してしまい、その後周りのたくさんの同僚や上司からこっぴどく注意されたこともありました。こんな苦い経験からマネージメントとは何かと学び、それ以来心から信頼できる数人の部下たちに自分のマネージャとしての行動を監視してもらい、フィードバックをもらっているそうです。周りにイエスマンばかりを置いて裸の王様になるのを避け、常にマネージャとして成長できるような環境を整えているのですね。

「Google時代」

現在Googleのシアトルとカークランドオフィスを統括するChee氏は、テクニカルなことだけでなく、駐車場からオフィスに置く食べ物まで幅広く管理し多忙な毎日を送っています。それと同時に、アジア全体のエンジニアを対象にしたGoogleのEDGEというリーダーシップ入門講座を日本で開催しています。

Chee氏のモットーは、

「常に自分が楽しめることを追う」

「リスクを恐れるな」

「仕事は楽しむべき」

なのですが、それを体現するかのようにいつもジャージとスニーカーという体育の熱血先生のようないでたちで仕事をしているそうで、「人間はリラックスしているときが一番能力を発揮できる」のだそうです。

chee

ちなみにこの日の講演会もジャージとスニーカーで登場のChee氏

「アジア人気質とアメリカ社会とLizard Brain」

さて私たち日本人が生まれ育った文化では「年上には逆らうな、口答えするな。」「失敗は許されない」など独特な価値観があります。このようなアジア人的価値観は西洋的な価値観とは相反するもので、アメリカ社会においてアジア的価値観で物事を見たり行動したりするとあらぬ誤解を受けたり、損をすることがあります。

Chee氏も私たちと同じようにアジア的価値観の中で育ち、体に染み付いたアジア的価値観から脱皮するために努力してきました。例えばGoogleの社風では、上司やマネージメントにチャレンジして、自分の意見を述べることはとても大切なことなのだそうです。会社の製品を向上させたり、よりよい方法を見つけ出すには、全員が意見を述べ、吟味し、そして最良の方法を見つけるのが正しいやり方です。しかし日本人はアジア的価値観が邪魔をして「上の人間には意見してはいけない。」「他の人の意見に同調すれば万事収まる。」「上の人にこんなことを言ったら、首にされるかもしれない。」など躊躇してしまいます。

しかしChee氏に言わせれば、

「怖がったり、心地がよくなくても大丈夫。むしろそう感じて当たり前。時間はかかるかもしれないが、恐怖心を把握してそれを打破することが大切。」

なのだそうです。

この恐怖心はLizard Brainと呼ばれ、対処法さえ知っていれば恐怖心を打破することができます。

(Lizard Brainについてはこのビデオが詳しく説明しています)

実際に会場でChee氏の指導の下、参加者全員でLizard Brainを打破する練習をしました。まず自分と同じくらいの身長の人と向かい合い目を見つめあいます。そしてChee氏の指示で少しずつ相手との距離を縮めていきます。最後はお互いの鼻頭が5センチくらいのところまで接近するのですが、この前の時点ですでにパーソナルスペースが侵されみんなこれ以上接近するのを躊躇してしまいます。これがLizard Brain。しかしいったん肝を据えて相手の顔のギリギリまでえいっと思い切って接近する。この瞬間がLizard Brainを打破する瞬間なのです。仕事でも同じように何かをすることがとても怖く心地悪い気がしても、思い切って恐怖心を打破しやり遂げることが大切なのだそうです。

lizardbrain

お互いかなり接近していますが、この後もっともっと急接近します。

「心の知能指数」

Chee氏がマネージャとして一番大切にしているのはEQ(Emotional Intelligence)、つまり心の知能指数です。IQとは違い、EQはサイエンスでなく相手の考えを理解し、自分がどれだけ相手の考えに歩み寄れるかということです。Chee氏も自分のチームを大切にし、IQよりもEQを重んじるからこそすばらしいリーダーシップが取れるのでしょう。実際Googleでも面接するときは応募者のEQを見ることが多いそうです。ただEQ重視で採用できるかと言ったら、まだまだそれは難しい課題のようです。

そのほかに講演会では事前に送られてきた質問や、会場でのQ&A、その後はChee氏を囲んでのネットワーキングと最後まで盛り上がりました。今回はアジア人として数少ないエグゼクティブとして成功しているChee氏のリーダーとしての考えを学ぶことができ、またアジア人として同じような悩みを抱え、それをどのように解決したのかという経験を知ることによって同じアジア人として勇気付けられました。

さて次回は12月13日(土曜日)開催の子供向けプログラミング講座です。奮ってご参加ください!

(執筆:ぺヤング大森)

落合陽一氏講演会『ハッキングの物象化』レポート

今回は8月29日にベルビューチルドレンアカデミー(BCA)で行われた落合陽一氏の講演会についてのレポートです。こちらの様子はUstreamで映像を見ることも出来ます。

 

ハッキングの物象化ーここで言う、ハッキングとは「コンピュータで悪いことをする=クラッキング」のことではなく、コンピュータを使って面白いことをしようということ。コンピュータの使い方の対象は、昔だったらコンピュータの中で完結するようなことが多かった。例えばWebにサービスをのせたり、画面の中で動くアプリをつくるようなことがコンピュータの応用先の一番のものだった。でも今はそれが変わりつつある。それは、スマホ、Web、タブレット、ウェアラブルなどのデバイスに依存しないサービスやエクスペリエンス。はたまた、例えば、この世界にあるアナログの物体自体でさえもコンピュータのプログラミングの対象になっている。たとえば、最先端の3Dプリンターを使えば、ものの固さをプログラミングで設定して、製造時に組み立て(ボタンと筐体を別々につくるなど)が必要なくなるなど、コンピュータのこの世界に対するプログラミング自由度は前世紀にくらべ格段に上がっている。

この世界をプログラミングする。一番簡単なもの、そして人間にとって恩恵があるものは何だろうか。それは光だと考えられる。Photon(光子)は軽いから一番コントロールしやすいし、現にコンピュータの画面やスマホの画面、信号機、ライトなど人類が一番コントロールしているもの。生活の中で光を介することで情報を人間は受け取っている。物理世界をハックする上で、人が一番手軽でかつ効果的に物理的なハックをする方法は光を操ること。例えばプロジェクションマッピングして見た目が変わったようにみせることなどはいい例だ。

まずは、手始めに色を変えるというところから物理量をハッキングしていく。光を自由にして、そのあと光をどうやって変えていく、光以上の変化は何があるのか。この世界をそうやってハックしていくこと、それが今後の人類の課題に思える。彼は、その分野に対して日夜研究をしている。

  • 仮想世界をどうやって計算するか

20世紀後半からコンピュータグラフィクスは進歩して来た。50年の進歩の末、コンピュータグラフィックスはコンピュータの中では非常に自由な振る舞いができるようになった。コンピュータグラフィクスが非常に自由な反面、私たちの世界、コンピュータの外ではコンピュータのロジックで世界を操るにはまだまだ制約が大きい。光子を発射して受け取るくらいのことしか出来ないし、そもそもその光子でさえも空中で曲げることは出来ず、映像は空中で曲がらない。

実際の物体でいえば、たとえばテクスチャ(材質表現)を考えてみよう。机のテクスチャが木なのかペンキで塗られているのか、はたまた金属で出来ているのか。パソコン画面の中では簡単にクリック一つで変えられるテクスチャですらも、現実世界では変更が難しい。それをどうやって変えていくのか、というのが彼の研究テーマ一つ。

1965年にHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を開発したアイヴァン・サザランドは、『究極のディスプレイとは物体の存在をコントロールする空間、適切なプログラミングを用いれば不思議の国のアリスが歩いたような魔法の世界を実現する空間になる』と論文に記した。彼のモチベーションの一つはこのビジョンを実現することである。

今までは、Web、スマホ、ウェアラブル、モノのインターネットを通じて、現実世界からコンピュータの中のデジタルな世界に情報が流れ込んでいっていた。しかし、コンピュータの中から情報が染み出し始め、現実に向かって情報が流れていっている。現実に情報が触れ戻ってくる。たとえば90年代にはAR(Augmented Reality:拡張現実)という概念が提案され、 HMDのグラスと現実を重ねて見ながら、実際に操作すると反応するものを研究者達は作ってきた。

  • 鍵は出力系の技術

今まではセンシングだったりカメラ計算だったりしたものが、コンピュータの中に情報を捉えるために重要だった。今後21世紀前半に重要になってくるのは、コンピュータの計算によって実際に手で触れるものだったり、物理世界で行う体験をデザインすること。言い換えると、コンピュータグラフィックスの現実化。その反面、センシングやカメラ計算の入力系技術はすでに成熟期を迎えていて、産業とアカデミックの区別はつきにくくなっている。どのような問題を解決すべきかは世界中で認知され、取り組まれている。

たとえば、この世界のことをセンシングする方法を考えたときに、プロジェクターはフォトン発射装置だと考えることが出来る。そしてカメラはフォトン感知装置。プロジェクターでフォトンを発射し、カメラでフォトンの反射を感知すればものの形はだいたい分かる。これは魚群探知機のソナーと同じ原理。100行くらいのプログラミングで、世の中の空間とカメラからみた空間の対応をプロジェクターを使って簡単に作れる。これと同じことを赤外線でやっているのがキネクトで、でも赤外光も投光器もなくても、プロジェクターとカメラがあれば、世の中の深度情報(3D立体情報)をとってくることが出来る。

もうこんなに簡単にプログラミングすることができるのだから、次に簡単に思いつくのは、それをスマホに載せたり、スマホについている機能でプログラミングしたりしてみること。たとえばAndroidでは既に始まっているし、iPhoneにもすぐ載るのではないだろうか。抽象的に考えて、何をやっているかというと、物理量と物理量の対応関係を見て、この世界はどうであるかということを探している。

打鍵士という職業がある。彼らは、缶詰のふたをたたいて中身が腐っているかどうかを調べる技能の持ち主だ。これは今世の中で行われているプログラミング手法と同じことをしている。それはどういうことかというと、棒で缶詰をたたいて、その反響音を聞いて、覚えて、中に何が入っているか入っていないかということを当てるということをしている。最新のキネクトに入っている深さの検出原理も、単純に言うと光を当てて(光で物体をたたいて)光の反響を見ている。何回もそれを行うことによって、それを覚えさせる。今まで人間が金属の棒でたたいてやっていたようなことを、コンピュータは充分に速いから、コンピュータを使えば、1秒もかからずに出来る。何かを発射して何かを取得し、その関係を覚えること、コンピュータはそれが得意だ。

たとえばこの世界のフレームレートを考えてみよう。フレームレートは画面が一秒間に何回書き変わるかを示す値でたとえばパソコンの画面は1秒間に60回何回書き変わる、その変化は人間の目で気付くことはない。

でも、3Dプリンターで作ったものフレームレートは0回、つまり書き変わらない。もし、ものの表面が1秒間に何度も書き変わったら、すごい、それはきっと今までと全然違う表現につながる。彼が興味があるのは、世の中をどうやって高スピードで、人間が気付かないようなスピードで違うものに変えていくかということ。それは、どうやってコンピュータグラフィックスを現実にするかということに似ている。

研究課題は、世の中をコンピュータにとって扱いやすいところから「書き換えたり動かしたり」していくか。遠い未来の世界では、この世界のものはコンピュータグラフィクスと同様に自由に動くし、テクスチャでいえば物体の表面の反射率は自由に変わるし、触り心地も変わったりするのではないかと思う。

そしてそれらを実現するためにモノの特性自体は変わらないけど、コンピュータによって場が変わるということをやっている。もし、我々の世界にあるようなアナログ的なものを全てデジタルマテリアルに変えてしまって、「ターミネーター2」に出てくる液体金属人間みたいな世界でつくったとしたら、この世界はあらゆることがプログラミング可能な理想郷に変わるかもしれない。でも、絶対そんな世界にはならないと思っている。アナログなものにはアナログなものの、コンピュータに出せない良さがあるからだ。

あらゆるところをコンピュータセンシングするところまではいくと思うが、あらゆるものがコンピュータアクチュエイトされるにはあと200年くらいかかるだろうと予測している。その前に、3Dプリンターみたいなものでつくられたフレームレート0のものが、コンピュータによる場で操られ、デジタル的な振る舞いをするような世界になるのではないか。

つまり、アナログなものでも、デジタル制御されているから、「これ、柔らかかかったはずなのに、固くなっている」ぐらいのことはなら起こりそうだ。世の中の場が変わることによって、物体自体に何かを組み込まずにも動く/変化するということをしている。

  • コンピュータが得意なことは、密集して高速で計算すること。その得意なところを生かしたい。

落合さんは、世界に7人/7グループくらいしかいない、つまりこの世界の10億分の1ぐらいしか興味のない、「テクスチャーを実際に書き換えたい」、というモチベーションで研究をしている派。でも、やりたいことは非常に単純。材質を書き換えたいのだ。

それは、ギリシャ神話にミダスという人物が出てくる。彼は触ったものを全て金に変える能力を持ち、ミダスタッチという逸話を持っている。ミダスはうっかり娘を触って金に変えてしまったが、この世界もそのくらい自由に材質感をかえられてもよいはずだ。たとえば我々は彫刻を見たときにそれが石像なのか金で出来ているのかは目で見て分かる。しかし、今この世界のものが、金と石像を行き来するようなことはない。アルミが紙になったり、金になったりすることは想像がつかない。なぜかというと、物体の表面にある反射をコントロールすることは難しいからだ。ここのキーは、それをどうやってコントロールするか、ということに尽きる。

 

・ライトフィールド

この空間にある光の情報は4次元分ある。しかし、反射を考えるには出てくる光だけではなくて、当たって跳ね返る光も計算する必要があり、材質感は8次元の関数で表現される。それをつくるため、コロイド溶液(シャボン膜)で高速振動するディスプレイをつくった。これは表面反射の広がり方を変えることが出来る。

たとえば、これを応用して3Dディスプレイをつくるのだったら、視点方向によって絵が変わればいい。もし高速に波打っている平面が視野角をコントロールできるのであったら、映像を何種類か投影して、見ている方向によって絵が変えられるはず。スクリーン自体が高速で振動しているので、見ている方向によって映像・反射を変えることが出来る。視野角を見る方向によってコントロールできる。

また、反射を混ぜ合わせることができれば映像に反射をくわえることも可能だ。鏡の状態と拡散する物体の状態を同時に持つ透明なフィルムがあったら、視点を変えたときにモルフォ蝶の様なテカリが構成されうる。

https://www.youtube.com/watch?v=tvxJs_4m0ZE

 

今はシャボン玉という薄い膜しか見つかっていないが、遠い将来に鏡の状態と拡散反射の状態を切り替えられるような魔法の板が開発されると信じている。物体にプロジェクションマッピングが容易にできる世界に進歩する前提では、物体の材質感は自由にコントロールされうる。それは例えば、アルミがいきなり金になったりするはず。そんな世界が来たら、きっとおもしろいし美しい。いったい何がしたいかというと、この世界にデジタルな錬金術が作りたい。他にも視覚以外に、この世界でどうやったらデジタルじゃないものの触覚を変えることが出来るのかという研究もしている。

https://www.youtube.com/watch?v=8ALazXQXpNo

 

最近やっていることは、物体をどうやって空中にとどめて、どうやって空中で動かすかといういわば人類の夢の一つ。ティンカーベルがピーターパンにメッセージを伝えるとき、魔法の粉で絵を描くことからヒントを得たピクシーダストは、ビームではなく、平面の音響場をコントロールすることで、空中にスクリーンを作ったり、空中で絵を描いたりできるかを試している。利点は、空中に光らないもので絵を描くことが出来る。フォトンは簡単に操作できるが、フォトン以外のものできれいにものを描こうとするのは大変。そのための指針として、空中にコンピュータ制御された場があって、そこで物体が自由に踊るということが出来るといい。これが実現すれば、例えばショーウィンドウでものが飛んで動き回ったり,スタジアムで空中にスクリーンが浮揚したりするはず。

https://www.youtube.com/watch?v=NLgD3EtxwdY

 

これはコンピュータグラフィクスといえるだろうか? 昔から、グラフィックスというものは昔からあって、例えば画家が絵を描くのは、絵の具というメディアを使って彼らのイマジネーションを描き出すこと。一方LCD(Liquid-Crystal Display)スクリーンで我々が何をやっているかというと、人の考えをやはりLCDを使って描いてこの世界にレンダリングしている。3Dプリンターは何をやっているかというと、樹脂を使ってデータを物体化するが、空間がポテンシャル場によって記述されグラフィックスを「潜在的に」持っているところに、ものが出会ったら、初めてものが並んで絵が描かれる。それは今の描画行為よりも一次元高いレベルで自由な描画行為だ。物体にはなってないし、まだ物理量は変わってはいないが、そこに何かが加わったときに始めてグラフィックスになりうる場があると、それは新しいジャンルになりえると思う。

彼は、今、物理量をどうやってコンピュータ側からコントロールするかということに興味があるそうだ。世の中は物理から計算へという流れから、逆に計算からもう一回物理に戻ってくるという流れにシフトしている。それは、情報処理を行うことによって実世界で何かをしようと試みることだ。1940年にクロード・シャノンが修士論文を書き変えた段階では、情報はアナログ世界の図書館の中ぐらいにしか存在しなかった。1982年から2000年代にかけてインターネットプロトコルが普及し、情報量がwebやPCなど仮想世界に一気に流れた。今になってくると、ブログや動画など仮想世界に情報があふれている。情報が現実世界の方にしみ出したがっている。その橋渡しをすれば、いいチャンスはたくさんあるはずだということを研究している。

 

講演会終了後も、参加者からの質問に答えてくださり、学生には「数学と物理を勉強すべき」とメッセージを頂きました。個人的には、「情報が仮想世界から物理世界に溢れ出してきている」という考え方がおもしろく、これからの世界を考えるときの鍵になっているように感じました。


次回は9月19日にソフトウェアエンジニアのための就職・転職講座を行います。少人数の講座となっていますので、興味のある方は早めにお申し込みください。

元マイクロソフト株式会社社長・古川享氏講演会『若者たちの描く未来に期待する』

8月4日に行われた古川享さんの講演会は、伊藤園様とスコット津村さんにスポンサー提供していただいて、ベルビュー・チルドレンズ・アカデミー(BCA)にて開催することが出来ました。ありがとうございました。

  • パーソナルコンピューティングという考え方

1977年、たまたまアメリカに行った際、マイコンと呼ばれるものがパソコンに変わる瞬間に立ち会った古川さん。チップを組み立ててマイコンを作るのではなく、この先にパーソナルコンピュータを誰もが自分の机の上にのせて自由にコンピュータを持つ時代になるのだと実感。その時、パーソナルコンピュータを使うともっと豊かな生活になる、人と人のコミュニケーションスタイルが変わる、一方通行から双方向発信のメディアに変わるといった、パーソナルコンピューティングという考え方に気付いたといいます。西和彦氏に「大学を卒業してから就職したい」と訴えると、西氏は「お前が大学を卒業する頃にはうち(アスキー)は大きな会社になっているから、お前なんか入社できないよ。ただ、今戻ってくるのであれば、取締役にしてやる」と言われ、1979年に大学を中退してアスキーに入社。取締役にしてもらうという願いは月刊アスキー副編集長になることでかなえてもらったものの、当時は四畳半の部屋に30人ほどの人が居る状態で、ベランダに出て画板の上で仕事をする状態だったそうです。そんな状況の中、アスキーで将来、パソコンは計算機ではなくメディアになる、ネットワークにつながないと意味がないという主張をします。当時は8ビットのパソコンに、電話の受話器を使って半ば無理矢理ネットワークをつなぎます。古川さん自身もプログラマーを2年ほど経験し、当時高校生だった中島聡さんの天才っぷりを目の当たりにし、自分の居場所を変えようと言うことで、営業に移動。当時の日本国内のMicrosoftの売り上げの3分の1程を売り上げていたそうです。この営業成績からMicrosoftの日本法人化に立ち会い、ビル・ゲイツとのつながりが出来ていきました。(詳しくは古川さんが本を執筆予定ということで割愛させていただきました。)

  • 英語とコミュニケーション

古川さんは23歳のときに始めて渡米。当時は全く英語が話せなかったそうですが、「もう手遅れだから、RとLの発音はあきらめなさい。日本人は話しているとだんだん声が小さくなるから、大きな声で話せばいいんだ」と言われ、一生それで乗り切ってしまったと言います。発音などを一切気にせずとも、交渉などの場面で自分の意見をきちんと表明することが大切だったという古川さんは、相手がビル・ゲイツであろうと自分の意見をぶつけて交渉していたそうです。

  • 若者へのメッセージ

アラン・ケイの言葉を借りて、「未来を予想すると必ず外れる。なぜなら傍観者になってしまうから。それならば、未来を自分の手で作り上げればいい。」という古川さん。学生時代の経験から、「勝負に負けそうなときは盤面をひっくり返す。そうするとなかったことになる。」ともおっしゃっていました。また、何かから学ぶ必要はないともおっしゃっています。なぜなら、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズがやったことは、彼らがその当時やったからうまくいったこと。今の時代には今の時代なりの、自分自身を表現する方法や目の前にある技術やわくわくすることが、昔とはまた違った形であります。ウォルト・ディズニーが死んだ時、ディズニーの社員はウォルトだったらどうするかというのを全員知っていました。しかし、それはディズニーにとってマイナスの影響を与えてしまいました。これを知っていたジョブズは、「自分が死んだあとに、ジョブズだったらどうしただろうかということを考えないでほしい。ただ、アップルという会社がどうやったら成長できるか、それはもう一人一人回答を思いついているはずだから、それを信じてほしい」というメッセージを残しました。アップルの役員会に出席していたアル・ゴアが「アップル以外の人にも共有してほしい。人の意見やあの人だったこうするといったことを考えるのではなく、自分自身の回答や夢や目標を信じて、自分自身を信じてやった方が良い結果が出る。」と発言したことを引用し、自分自身がもうすでに知っている答えに向かって進めばいいとメッセージをくださいました。

  • 古川さんの教育方針

現在は慶応義塾大学院メディアデザイン研究科(KMD)の教授として、教鞭を執る古川さん。学生を連れてITシリコンバレーの旅を行ったり、学生とともに障害を持つ人とITとの関わりを研究したり、学生の持っている目標や叶えたい夢を一緒に修士論文として実現させていっていると言います。また、個人的には、グローバルに通用する若者を育てたい、技術者が研究発表するのではなく、社会からの要請に応えていいものを提供する事・研究成果を社会で検証して使ってもらう事が大事だと考えています。

  • 将来のデジタル世界

現在は、デバイスやアプリケーションが関係なくなった上で、どんなサービスを実現するか、どんなユーザーエクスペリエンスを実現するかということが大事な時代になっています。目的を設定する際に、どんな体験を共有したいか、身近にいる人がどんなことに困っていてどうやって問題解決をしてあげたいかということが重要になってきています。

  • 国際的人材になるには

講演会の後半には中島聡さんも登場し、中島さんのベンチャー企業やメルマガについて、アスキー時代の古川さんとのエピソードを語っていただきました。質疑応答では、グローバル人材・国際的人材についての定義という質問があがり、お二人とも「国際的人材になろうとすると、逆説的になれない。結果的にお金持ちや国際的人材になるのはかまわないが、それらを目的に何かをする事は違う。」と主張しました。古川さんは、「英語など言語のスキルセットより、自分自身が他に負けないアイディアを持ってそれを主張する力を持っている事の方が大切。自分の優位性を語り、自分の失敗から何を得たのかを語る事が出来れば話を聞いてもらえる」と語ります。また中島さんは、会社の中でしか通用しない人間にはならないで、閉じこもらないで会社の外でも通用する人間関係を構築していく事に価値があると語ってくださいました。

 

次回は古川さんも支援しているという落合陽一さんの講演会を8月29日に開催します。今年のTED×TOKYOにも出演されていた「現代の魔法使い」の講演会にぜひご参加ください!