中島聡さん講演会のお知らせ Freedom In Mind~日本独自の価値観に捕らわれないためには~

中島聡さん講演会22月6日土曜日にベルビューチルドレンズアカデミーにて、ソフトウェアエンジニアである中島聡さんをお招きして「Freedom In Mind~日本独自の価値観に捕らわれないためには~」と題した、学生向けの質疑応答形式の講演会を開催します。

日本人学生の皆さんへ。知らず知らずのうちに日本独自の価値観に捕らわれていませんか?就活を控えた方やグローバルな視点を持ちたいと考える日本人学生を対象に、何かを考える際に1つの考え方にこだわらず、新たな視点をもって臨んでもらいたい!という思いから、日米にまたがって活躍され、NHKを始めとする様々なメディアにも出演されている中島聡さんをゲストにお招きして、質疑応答形式の講演会を行います。学生の皆さんの素朴な質問などをぶつけることの出来る良い機会ですので、是非ともご参加ください。

イベント概要
2月6日(土) 17:00~19:00
開場はイベント30分前の16:30からを予定
参加費:無料
会場:Bellevue Children’s Academy
Address: 14600 NE 24th St, Bellevue, WA 98007

参加方法:Eventbriteから申し込み
*早期申し込み特典として、1月30日までに申し込みを頂いた方にMicrosoftのペンとノートをプレゼント致します。欲しい方はお早めの申し込みをどうぞ。

当日は軽食として、スポンサーである伊藤園さんとTRESさんの提供のもと、お茶とサンドウィッチをご用意しております。また、このイベントは大学生・大学院生を対象としておりますが、もし学生向けにフォーカスした内容になることを了承して頂けるのであれば、大学生以外の方もご参加頂けます。

中島聡さんプロフィール

スライド1

もっと詳しいプロフィールはコチラ↓(中島聡さんのブログ)
http://satoshi.blogs.com/about.html

イベント・スポンサー

4月30日 SIJP主催 佐川明美さん講演会のお知らせ

4月のSIJP講演会のお知らせです。申し込みは https://sijp-akemi-sagawa.eventbrite.com からお願いします。(Translated event information follows after introductions in Japanese)

Akemi Sagawa

佐川明美さん講演会「日本のOLから、米マイクロソフトへ転職し、起業。今だから貴方に伝えたい、3つのこと。」

開催日時・場所

  • 日時:April 30 (Thursday), 6:30pm – 9:30pm [6:30-7:00p Networking]
  • 場所:Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
  • 参加費用(軽食・開場費):学生 $5、大人 $10
  • 言語:日本語
  • 申し込み:https://sijp-akemi-sagawa.eventbrite.com

講演者略歴:佐川明美

京都大学法学部卒業。大和証券に女性総合職第1期として入社、在籍中にスタンフォード大学MBA取得している。後にマイクロソフト株式会社で日本語版Wordの 初代プロダクトマネージャー、米国マイクロソフト本社ではWindows 95、Internet Explorer等の出荷に携わった。2001年、Open Interface North America, Inc.を起業し成功する。昨年、日本の伝統工芸を世界に紹介する企業Five Sensesを設立。ワシントン州日米協会および生花インターナショナルの理事も務める。

内容

  1. 学生時代から、大和証券に入社までの経緯
  2. 大和証券に入社して三年後、スタンフォード大学に入学するまでの経緯
  3. 二年間の留学で得た経験の中で、最も印象的だったこと
  4. 留学後、再び西海岸に戻ってくるまで、どのような想いで、大和証券で勤務していたか
  5. マイクロソフト、Open Interface North America, Inc.時代に見出した、「本当の幸せ」とは?
  6. 五十歳を過ぎた今だから感じる、若い人へのメッセージ(今、経験していること全てに意味がある)

スケジュール

  • 午後 6:30 受付開始 / Networking (軽食+飲み物)
  • 午後 7:00 講演会
  • 午後 8:30 交流会
  • 午後 9:00 終了

Akemi Sagawa: A Japanese “Office Lady” became Microsoft veteran and an American entrepreneur. Three messages from the experiences.

Date, Time & Location

  • Date / Time: April 30 (Thursday), 6:30pm – 9:30pm [6:30-7:00p Networking]
  • Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
  • Admission fee (light dinner is served): Students $5, Adults $10
  • Presentation language: Japanese
  • Registration:https://sijp-akemi-sagawa.eventbrite.com

Speaker: Akemi Sagawa

After graduating from Kyoto University (BA, Law), Akemi joined Daiwa Securities Co., Ltd. as one of first women who were on the corporate management career path for the company. She was granted MBA from Stanford University Graduate School of Business while she was holding senior analyst position at Daiwa Securities Co., Ltd. A couple of years after MBA, Akemi joined Microsoft to become the product manager for the first Japanese version of Microsoft Word, and then contributed the launch and releases of Microsoft products including Windows 95 and Internet Explorer. In the year 2000, she joined Open Interface North America as original founding CEO. Last year she founded Five Senses, Inc., to introduce Japan’s traditional arts and crafts to the world.  Akemi is a board member of Japan-America Society of Washington State and Ikebana International Seattle Chapter.

Abstracts

  1. Lessons from graduation to the first corporate life in Japan
  2. Reasons and motivations of taking challenge to MBA at Stanford University GSB
  3. Impressions from the days of MBA at Stanford University GSB
  4. Things after MBA in Japanese companies
  5. Discoveries of “true desire” from career at Microsoft and Open Interface North America, Inc.
  6. Messages to dear young fellows… “Every encounter leads to something!”

Timetable

  • 6:30 PM Registration / Networking (drinks & snacks provided)
  • 7:00 PM Main event
  • 8:30 PM Post-event Networking
  • 9:00 PM Closing

2月27日:採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

taka

採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

Date / Time: Feb 27, 6:30pm – 9:30pm
Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
Title: Switching jobs from a manager’s view point
Speaker: Hiroaki Takamatsu, Principal lead of software engineering in Microsoft
Admission fee (light dinner is served): $10
就職活動シリーズ、前回の講演のノウハウを採用側からの視点でお伝えします。エンジニアとして就職したい学生の方、別の会社にも興味があるけど、アメリカで転職なんてしたことないし…という方に役立つ情報をコンパクトにまとめてお伝えします。採用側はどのように人を見るのか、採用の判断基準はどんなものがあるのか、など盛り込む予定です。
【講演者略歴】 鷹松 弘章
1994年よりロータス株式会社の製品開発分野を歴任後、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト)を経て、2001年米国Microsoft Corporation入社。Windows Media Center, Windows Media Player, Windows Vista, 7, 8, 8.1 のリリースを手掛け、現在は同社Operating System 部門のプリンシパルリードを務める。モットーは理解せずには前に進まない

Google Vice President of Engineering Mr. Chee Chew Presentation Report

chee

One of my major goals in life is creating a community where people can express our similar visions of life. I have always thought creating my own projects and potentially turning it into a start-up would be an option, a very challenging option but worth it to show my vision to the world. In order to succeed as much as possible, I have always felt the need to constantly be learning. I like to learn to grow my projects, to become a better person and to be happy on what I value. One of my learning curves is reading. Constantly reading and learning is very important and it was mentioned in Mr. Chee Chew’s presentation. I was able to come across his presentation because I was trying to learn the principles of Google from the book “How Google Works” by Eric Schmidt & Jonathan Rosenberg and Seattle IT Japanese Professional gave me the opportunity to learn directly from Mr. Chew.The major parts that I believed were important in the presentation were East Asian leaders and the culture difference from Westerns, team building, psychology and the priorities matrix.

East Asians have a very distinctive culture than American culture. I personally felt the difference growing up and working in both Japan and the United States. Sarcasm was one huge difference that Mr. Chew has pointed out. Japanese, in my experience also, do not use sarcasm as much and most do not even bother using it at all during work. It is also hard for many Japanese to stand up to their superior even if they think it is right. It comes from a great culture of respecting elders and others. It is for respecting the face of others, never to shame others or to be ashamed. Challenging authority can feel like you are being disrespectful to the Japanese. But it can be done in a very respectful way and is considered very courageous. And to climb up the corporate America ladder, sarcasm and expressing your opinion is very important. It is a key for gaining respect from others and being a leader. You cannot just be in the corner working on your task if you want to climb the corporate ladder. You have to engage with co-workers and communicate well. Know what your co-workers are working on and be able to help them when they need a hand. That is what leaders do well. Know about his or her peers very well and how to communicate with them.

Knowing what each person’s view and what motivates them is very important as a leader. Each person on your team grew up from a different background, has different views in life and has different things they get excited about. In order to maximize your team’s productivity, you must get to know each person and motivate them in different ways. Motivate them in ways that are most appropriate for each person and customize your interactions with each person. Your teammates also has to make different sacrifices in order to be a successful team. The team that knows each other the most and can find a middle-ground of sacrifices will have a better chance of succeeding. It is also better to have a good understanding of yourself to communicate well with others. A person with high EQ will have a better understanding of themselves and others.

Mr. Chew has also mentioned that EQ can be trained through the course of your life. And understanding psychology can play a major role developing ones EQ. Learning triggers through

psychology can really help ones growth. I believe that Japanese need to learn inner psychology the most because most of their action comes from external factors rather than their internal. Japanese society has a very strong way about always fitting in. Fitting in with the society is very important for the Japanese and plays a large role in the external factor. This will make it very hard for the Japanese to turn off their lizard brain and follow their gut. Most Japanese hate to embarrass themselves and hate to fail very strongly especially in public. It is very shameful to them and hard to get over. I can tell you that if there is a mixed culture at a party, the typical Japanese will never be one who starts dancing or who becomes silly and ice breaks the party. Japanese has also had the culture in the Age of Civil War when ones defeat equals ones death. It is over in one try. That is where the term “hara-kiri” comes from. That culture explains some of the reasons why Japan has one of the highest committing suicide rates. Failure is not an option to many people in Japan.

None of us like to fail and we try not to fail as much as possible. But we must be willing to risk failure to grow and learn. Learn from our failures and simply move on. We have to accept failure and keep taking risks to grow. To take risks, we have to learn to control our emotions outside our comfort-zone. When we can control our emotions outside our comfort-zone, we will have an opportunity to grow. It is hard for most people to go out of their zone and we will have to sometimes purposely push ourselves somewhere outside of that zone. Continuing to train outside of your zone and expanding your EQ will have a big impact on your success.

Setting priorities and taking action will also have a big impact on succeeding. But you will have to know which priorities to take care of first. Many leaders tend to focus on priorities that are urgent and high in importance. But the most important priorities that leaders need to focus on lies where it is not as urgent but important. Because when you focus too much on the most urgent and most important problems, you will not be able to sustain growth for your team or yourself. You will always be stuck working on the urgent and important problems. And if it is very urgent, someone in your team can take care of it. We tend to keep pushing back the less urgent but high priority problems. We know we would like to increase our communication skills, personal development issues or invest in team infrastructure but always put it back. When you keep putting off those problems that you know are important but not as urgent later on, it always snow balls and becomes a larger problem in the end.

There are many ways to view your own life or projects and there is never one answer. But to achieve your personal challenges and the higher the challenges are, the more you will need to grow and have a better team. To grow, you will need to be constantly curious, failing and learning. We will have to know well about our priorities and know which ones to work on. Knowing yourself and being able to control yourself is also one of the keys to success. Pushing yourself out of your comfort-zone and understanding about others views can help you achieve your wants in many ways. We can achieve more by constantly learning, thinking and growing with other teammates.

Here is interesting diagram that Mr. Chee mentioned during the talk

chee

GoogleエンジニアリングディレクターChee Chew氏講演会レポート

「アメリカに住む日本人として文化の違いにとまどったことはありますか?」

「日本人としてのアイデンティディに囚われて、ここぞという時に一歩踏み出せないことはありますか?」

アメリカに住む日本人としてありがちなジレンマに答えを求め、今回はGoogleエンジニアリグディレクターのChee Chew氏の講演会にやってきました。今回も会場を提供してくださったBellevue Children’s Academy様、ならびにおいしいお茶をたくさん寄付していただいたスポンサーの伊藤園様、ありがとうございました。

「ルームメートへの復讐」

マレーシア生まれで、サウスキャロライナとケンタッキー州で育ったChee氏は、典型的なアジア人家庭で育ち、医者になるようにと将来のキャリアパスまで看護婦のお母さんに決められていました。そんなお母さんに促されるままマサチューセッツ工科大の医学部に入学したのですが、そのときのルームメートとの出会いがChee氏の運命を変えるのでした。

Chee氏のルームメートはいたずら好きなコンピュータサイエンス専攻の学生で、9歳のころからプログラミングを始めた筋金入りのプログラマー。テトリスには自信満々だったChee氏に、絶対勝てないテトリスをさせたり、Chee氏のコンピュータにウイルスを仕込み、立ち上げると「Cheeのアホ」というメッセージが出るいたずらをしたりとやりたい放題でした。

しかしある日Chee氏はそんなルームメートに復讐を誓いプログラミングを始めます。この復讐計画がキッカケとなりプログラミングにはまったChee氏は、医者にならずにマサチューセッツ工科大のコンピュータサイエンスの修士課程を修了し、プログラマーになってしまいました。

「マイクロソフト時代」

Chee氏の最初の仕事はマイクロソフトでのプログラマーです。典型的な中国人プログラマーのように、一日中誰とも話をせずにオフィスに引きこもり、ひたすらコードを書くのが日課でした。奥さんに「マネージャにならないの?」と聞かれても「マネージャになるくらいなら会社辞める。」と答えるくらいマネージャ職には興味がありませんでした。

ところが最初に小さなチームを任され、そのチームが徐々に大きくなるにつれてマネージャ職のおもしろさに目覚め始めました。しかしそれと同時にたくさんの失敗も犯しました。

例えばChee氏の部下のマネージャがミーティングで何かを提案したときに、そのマネージャの部下たちがいるミーティングでマネージャの提案にことごとくダメ押しし、その上Chee氏自身のアイデアのほうがいかに理にかなっているか説得してしまい、その結果そのマネージャは自分の部下たちからの信用を失った挙句に会社を去りました。

またある時はカフェテリアに響き渡るような大声で部下を叱責してしまい、その後周りのたくさんの同僚や上司からこっぴどく注意されたこともありました。こんな苦い経験からマネージメントとは何かと学び、それ以来心から信頼できる数人の部下たちに自分のマネージャとしての行動を監視してもらい、フィードバックをもらっているそうです。周りにイエスマンばかりを置いて裸の王様になるのを避け、常にマネージャとして成長できるような環境を整えているのですね。

「Google時代」

現在Googleのシアトルとカークランドオフィスを統括するChee氏は、テクニカルなことだけでなく、駐車場からオフィスに置く食べ物まで幅広く管理し多忙な毎日を送っています。それと同時に、アジア全体のエンジニアを対象にしたGoogleのEDGEというリーダーシップ入門講座を日本で開催しています。

Chee氏のモットーは、

「常に自分が楽しめることを追う」

「リスクを恐れるな」

「仕事は楽しむべき」

なのですが、それを体現するかのようにいつもジャージとスニーカーという体育の熱血先生のようないでたちで仕事をしているそうで、「人間はリラックスしているときが一番能力を発揮できる」のだそうです。

chee

ちなみにこの日の講演会もジャージとスニーカーで登場のChee氏

「アジア人気質とアメリカ社会とLizard Brain」

さて私たち日本人が生まれ育った文化では「年上には逆らうな、口答えするな。」「失敗は許されない」など独特な価値観があります。このようなアジア人的価値観は西洋的な価値観とは相反するもので、アメリカ社会においてアジア的価値観で物事を見たり行動したりするとあらぬ誤解を受けたり、損をすることがあります。

Chee氏も私たちと同じようにアジア的価値観の中で育ち、体に染み付いたアジア的価値観から脱皮するために努力してきました。例えばGoogleの社風では、上司やマネージメントにチャレンジして、自分の意見を述べることはとても大切なことなのだそうです。会社の製品を向上させたり、よりよい方法を見つけ出すには、全員が意見を述べ、吟味し、そして最良の方法を見つけるのが正しいやり方です。しかし日本人はアジア的価値観が邪魔をして「上の人間には意見してはいけない。」「他の人の意見に同調すれば万事収まる。」「上の人にこんなことを言ったら、首にされるかもしれない。」など躊躇してしまいます。

しかしChee氏に言わせれば、

「怖がったり、心地がよくなくても大丈夫。むしろそう感じて当たり前。時間はかかるかもしれないが、恐怖心を把握してそれを打破することが大切。」

なのだそうです。

この恐怖心はLizard Brainと呼ばれ、対処法さえ知っていれば恐怖心を打破することができます。

(Lizard Brainについてはこのビデオが詳しく説明しています)

実際に会場でChee氏の指導の下、参加者全員でLizard Brainを打破する練習をしました。まず自分と同じくらいの身長の人と向かい合い目を見つめあいます。そしてChee氏の指示で少しずつ相手との距離を縮めていきます。最後はお互いの鼻頭が5センチくらいのところまで接近するのですが、この前の時点ですでにパーソナルスペースが侵されみんなこれ以上接近するのを躊躇してしまいます。これがLizard Brain。しかしいったん肝を据えて相手の顔のギリギリまでえいっと思い切って接近する。この瞬間がLizard Brainを打破する瞬間なのです。仕事でも同じように何かをすることがとても怖く心地悪い気がしても、思い切って恐怖心を打破しやり遂げることが大切なのだそうです。

lizardbrain

お互いかなり接近していますが、この後もっともっと急接近します。

「心の知能指数」

Chee氏がマネージャとして一番大切にしているのはEQ(Emotional Intelligence)、つまり心の知能指数です。IQとは違い、EQはサイエンスでなく相手の考えを理解し、自分がどれだけ相手の考えに歩み寄れるかということです。Chee氏も自分のチームを大切にし、IQよりもEQを重んじるからこそすばらしいリーダーシップが取れるのでしょう。実際Googleでも面接するときは応募者のEQを見ることが多いそうです。ただEQ重視で採用できるかと言ったら、まだまだそれは難しい課題のようです。

そのほかに講演会では事前に送られてきた質問や、会場でのQ&A、その後はChee氏を囲んでのネットワーキングと最後まで盛り上がりました。今回はアジア人として数少ないエグゼクティブとして成功しているChee氏のリーダーとしての考えを学ぶことができ、またアジア人として同じような悩みを抱え、それをどのように解決したのかという経験を知ることによって同じアジア人として勇気付けられました。

さて次回は12月13日(土曜日)開催の子供向けプログラミング講座です。奮ってご参加ください!

(執筆:ぺヤング大森)

ソフトウェアエンジニアのための転職・就職講座

今回は実験的な勉強会、ソフトウェアエンジニア向けの就職・転職講座です。

申し込みはこちらから。

エンジニアとして就職したい学生の方、別の会社にも興味があるけど、アメリカで転職なんてしたことないし…という方に役立つ情報をコンパクトにまとめてお伝えします。

転職・就職活動の流れと各ステップの tips, いかに「ホワイトボードにプログラムを書く面接」を乗り越えるか、現役の試験官たちからのアドバイスなど、役に立つ情報満載でお届けします。

勉強会という性質上、少人数限定(25名)で参加者を募集します。お早めにチケットを確保してください!

申し込みはこちらから。

【プログラム】

  午後6:30 受付開始 (軽食+飲み物つき)

  午後7:00 勉強会 「ソフトウェアエンジニア向けの就職・転職講座」

  午後8:30 交流会

  午後9:00 終了

申し込みはこちらから。

 

中島聡氏による「米国での起業体験について」講演会&交流会開催!

今回はBellevue Children’s Academyで行われた中島聡氏の講演会のレポートです。講演会場のBellevue Children’s Academyは100人以上は入れるような広い会場で、SIJPが主催した中で今回が一番大きな講演会となりました。会場をご提供いただいたBellevue Children’s Academy様、ありがとうございました。

まずは受付を済ませ、講演が始まる前に軽食で腹ごしらえ。から揚げ、焼きそば、春巻きという日本人のソウルフード的な軽食がうれしいです。隣に座った人と自己紹介&スモールトークをしながら開演時間を待ちます。開演時間間近になると会場の席はほぼ満員になり、ざっと数えただけで100名くらいの人たちが入っています。

Image

 さて開演時間になり、早速中島氏の登場です!今回は司会者と中島氏のトーク形式で、中島氏がアメリカでの起業に至るまでの経緯を、「学生時代」「マイクロソフト時代」「UIEvolution時代」の三本立てで語っていただきました。

Image

「学生時代」

話は中島少年の小学校時代までさかのぼります。小学校低学年の頃から、理科と算数の成績は常に5、それ以外は2か3という典型的な理系人間の片鱗を早々と見せつけ、小学校5年生ですでに高校受験用難問集を解いていた中島少年。中学時代は、新学期に配られる理科と数学の教科書を漫画本のようにその日のうちに読破し、理科の先生に薦められた「NHK高校通信講座」を見る毎日を送っていたそうです。

早稲田付属高校時代の数学部で初めてプログラミングと出会うことになりましたが、当時プログラミングへの印象はあまりよくないものでした。そして高校2年生のときに、親戚のおじさんが持ってきた「これからはマイクロコンピューター(今で言うところのパーソナルコンピュータ)の時代だ!」という記事に触発され、「これからはマイクロコンピューターの時代」→「マイクロコンピューターをやれば儲かる!」という予想のもと、当時の高校生にとっては大金の8万円を親から借金し、当時は組み立てキットで販売されていたマイコンを、半田ごてを使って製作しました。

しかし当時は中島少年にとってのプログラミングは、「マニュアルどおりに数字を入れると何かが動く。でもプログラミングが何だかわからない。」という手探り状態でした。でも1ヶ月もすると、「コンピュータってbyteを一度に全部見れずに、一個ずつしか見れないんじゃない?」と気づき始めました。それは人間だったら、「ステーキのにおいをかぐ→ステーキのイメージを思い浮かべる」のが、コンピュータは、「ステーキのにおいをかいでも、ステーキのイメージを思い浮かべられない」のと一緒のことなんだとひらめきました。

「NTT研究所からマイクロソフト時代」

早稲田大学修士課程終了後、教授の推薦を受けNTT研究所に入社する中島氏。しかし予想に反して仕事はプログラミングすることではなく、下請け会社に出すプログラミング用のフローチャートを作るだけ。高校2年生からプログラミングのバイトをして、当時すでに親の収入を超えていた(でも親にちゃっかり食べさせてもらっていた)中島氏にとっては、フローチャートを基にプログラミングしても意味がなく、プログラミングは自分で実際書かないとダメなことは身にしみてわかっていました。

そこで上の人にフローチャートはダメだと抗議しても、「お前は新人だから黙っとけ!」と一蹴されて終わってしまいました。このとき中島氏は仕事への失望と同時に、新聞でマイクロソフトが日本法人を立ち上げることを知り退社を決意しました。

退社するためNTT研究所の室長に辞表を出したところ、研究所と大学を巻き込んだ前代未門の大事件に発展し、大問題になってしまいましたが、やっとのことでNTT研究所を退社することができました。

そして1986年に中島氏はめでたくマイクロソフト日本法人に入社、そして3年後の1989年には当時2000人くらいしかいなかったマイクロソフトの本社に転勤となりました。

当時のマイクロソフトは、仕事面で言えば、仕様書関係なく「やったもの勝ち」「コード早く書いちゃったもん勝ち」という社風で、どんなに忙しい毎日でもWindows95を立ち上げた頃が一番楽しかった時代だったそうです。

その後OS開発に飽きた中島氏は、OS開発部門所属にもかかわらず、IEブラウザーを作っているチームに勝手に手伝いに押しかけ、その上チームがまだIE2.0を開発中なのに、Netscapeが3.0を開発中だからと、いきなりIE3.0を開発させて欲しいと交渉し、誰にも頼まれてないのに一人でIE3.0を作り始めてしまいました。

結果的に中島氏のIE3.0の登場によって、Netscapeのマーケットシェアを70%から30%に引き下げたので、自分の本来のOS開発の仕事をしていなくても誰からも文句を言われることはありませんでした。

しかしマイクロソフトがだんだん大きくなるにつれ、会社の方針と中島氏の信念にずれが生じ始めていました。ビルゲイツがミーティングを開いたときに、中島氏が

「計画性のないイノベーションをしないとダメです。3人規模のチームを100や200作ってそれぞれ勝手にイノベーションをさせて、その中のひとつが成功すればいいじゃないか。でないとネットの時代に勝てません。」

と提案すると、ビルゲイツは完全否定し、

「5年先を見て、人を300人投入して、マイクロソフトでしかできないことをやる。計画性のないイノベーションは、ベンチャーにやらせればいい。そしてもしイノベーションに成功したベンチャーが出たら、そのベンチャーを買収すればいい。」

と真っ向からビルゲイツと意見が食い違いマイクロソフトの方向性に失望してしまいました。

そこで当時マイクロソフトでナンバー4だったブラッドに相談すると、自分がベンチャーキャピタルを始めるので一緒にやらないかと誘われて2000年にマイクロソフトを退社することにしました。

その後中島氏は仕事柄いろんなベンチャーのビジネスプランを見る機会がありましたが、どのビジネスプランにもガッカリして、「これだったら自分でやったほうがいいのでは?」と自分でビジネスを立ち上げることにしました。

「UIEvolution時代」

さて自分でビジネスを立ち上げる決意をした中島氏でしたが、経営経験ゼロ。そこで知り合いに相談すると、

「弁護士だけはケチるな」

とアドバイスされました。そして自分でビジネスをしていくうちに、その意味が身にしみてわかるようになりました。

中島氏は知り合いのアドバイスに従ってこの分野に詳しい一流の弁護士を雇うことにしましたが、こっちがお客なのに

「うちはビジネスプランがいい客としか仕事をしない。」

といきなり上から目線で対応されてしまいます。そしてお金がないならベンチャーキャピタルが集まるまで弁護費用はツケでいいから、会社の2%くれと提案されたりと驚きの連続でした。

さらにこれから中島氏とその弁護士と、投資家集めのための猛勉強が始まりました。例えば起業したときの株については、Preferred Share(優先株)という、もしもの場合は投資家が一番先にお金を引き上げる権利がある株を投資家に与え、中島氏は一般株という何の優先権もない株を与えられことや、起業家と投資家の関係としては、中島氏は自分の人生やアイデアや情熱をビジネスに賭ける代わりに、投資家はビジネスにお金を援助し、お互いが利害関係を持っていることを勉強しました。

日本の投資では、第三機関に会社の価値を決めてもらい投資額を決めるそうですが、アメリカではアイデアと情熱だけで投資家が会社の価値を見出せば、ポンとお金を出してくれるのです。まさに交渉次第だとアメリカの投資家の柔軟さを学ぶことととなりました。

起業後の中島氏のCEOの一番の仕事はとにかく資金集めです。会社が潰れそうになったことも何度もあり、役員会議で自分の給料と重役の給料のカットを提案しましたが、重役たちはそれを拒否し、結局自分の給料をゼロにして、社員の人数も三分の一カットせざるを得なかった苦い経験もあります。中島氏にとって、今まで一緒に会社経営のために戦ってきた戦友だと思っていた重役たちとの体温差にガッカリしてしまった瞬間でした。

それでも会社は下降の一途をたどり、ついに中島氏は自分個人のお金をビジネスに突っ込み始め、この時点で投資家は中島氏を見放し、投資金を回収することだけを考えていました。

にっちもさっちもいかなくなった中島氏は、商社の投資部門に勤める大学時代の友人に投資をを依頼します。

2004年初め、アスキー時代のコネでやっと見つけた投資先がスクエアエニックスです。スクエアエニックスの和田氏とアメリカの投資家との顔合わせのミーティングの席で、和田氏がUIEvolutionを買っても良いとポロっと漏らすと、投資家たちの目の色が一気に変わりました。

これまでは潰れるのを待つだけで、投資金の回収を早く済ませたいと考えていた会社がスクエアエニックスに売れるかもしれないことで、投資家たちは「早く売れ売れ」コール、当時営業部門だったアメリカ人社員は、営業をストップさせ、周りからのプレッシャーで中島氏は会社を売らざるを得ない状況になってしまいました。

買収後の2007年にスクエアエニックスの子会社としてMobile Middlewareを作っていたUIEvolutionが再び経営難になり、スクエアエニックスから潰すしかないと言われたので、それなら安く譲ってくれるように中島氏は再びUIEvolutionを買い戻しました。その後中島氏はUIEvolution のCEOにはならずに、株主取締役に納まり毎日プログラミングに没頭しています。

中島氏からのアメリカで起業する人へのアドバイス:

「弁護士雇うときはケチるな!」

個人レベルのアドバイスは、日本的な「お受験→一流大学→上場企業内定→一生安定」というイージーモードな人生打ち破ること。企業レベルでのアドバイスは、企業の経営陣はイノベーションを唱え危機感だけは持っているが、実際は何も手を打たない古い体質を打破するのが大切だと言っていました。

それに対しアメリカでは、無駄な仕事(例えばコピー複合機のドライバの開発や保守など)をやらせるとどんどん人が辞めていく(特に優秀な人材から)という人材の流動性があり、その結果古い企業が潰れて、新しい企業がどんどん台頭します。このように常に企業は人材価値を高め続けることが大切だと語っていました。

次は会場からの質問コーナーです。例えば中島氏にこんな質問が投げかけられました。

アメリカで起業した中島氏の決断力は何に基づいているのか気になるところです。

Q:決断力について何を軸にしているのか?

A: いろんな情報源です。左脳で考える客観的数字でロジカルに考えても答えは出ません。

右脳に任せる。例えば、宝くじで儲けるか、株で儲けるかは、数字で比較できることで、左脳の仕事。でもマイクロソフトで仕事するか、ベンチャーを立ち上げるかは、数字では比較できない右脳の仕事。

Q:FacebookがWhatsAppを買収しましたが、190億ドルという評価額がおかしいと思いませんか?

A:WhatsAppの買収額をユーザー数で割ると35ドル前後。Facebookの評価額をユーザー数で割ると100ドル前後なので、Whatsapp買収により獲得するユーザーから見込める広告収入を考えると、そろばん計算上では、そうおかしくない額だと思います。

しかしFacebook離れが始まったと同時にInstagramが大きくなり、ユーザーを根こそぎ取られては困るので、FacebookはInstagramを買収しました。他に新しいSNSの会社が出現し、ユーザーのFacebook離れが始まるたびにその新興SNS企業を買収して生き残らなければならないので、今回のWhatsAppの買収も最後ではありません。

ひとたびFacebook離れが始まると、Facebookは買収を繰り返していくしかないので、人の流行り廃りに左右されると言う意味で危ない会社かも知れません。

それに比べてAmazonはすごいです。AmazonのFulfillment Centerは誰も追いつけないと思います。なのでAmazonにとってのWhatsAppは現れないと思います。Amazonはイケイケなので、将来的に世界のGDPの20%いくと思いますよ!

 質問コーナーに続き、中島氏が現在開発中のVideo Shaderのデモがありました。

Image

VideoShaderとは、普通の世界をアニメ化して、自分でフィルターを作ることができるアプリです。

こんな感じです。

 Image

Image

面白い画像やビデオが撮れると、バージョン2からはネットワーク機能があり、世界中の人々と画像やビデオだけでなく、フィルターもシェアできるようになるそうです。楽しみですね!

iPhoneとiPad用のVideoShaderのダウンロードはこちらからどうぞ(無料アプリですよ!)

https://itunes.apple.com/us/app/videoshader/id790784885?mt=8

最後は交流会。中島氏の元には、ディズニーランドのアトラクションのような長~い行列が。中島氏と直接交流できるチャンスなんてなかなかありませんからね!

ということで、中島聡氏の講演会にはたくさんの方々に参加いただき、大盛況でした。

これからもSIJPでは楽しいイベントを企画していくので、是非参加をお待ちしています~!