今日の子供向きプログラミング講座のレポートについて

カスター麻理さんが詳しくレポートしていただきました。どうもありがとうございます。

今日開催した2セッションとも満員盛況となりました。子供達の真剣な、また楽しそうな顔をみると、学生ボランティアともども、この企画をやって良かったなと思っています。できれば、継続的に開催していきたいと思います。参加していただいた方々、どうもありがとうございました。

12/13(Sat): Computer Programming Class for Kids

Can you imagine your everyday life without computer and smart phones?
We are taking IT for granted, as it has become a big part of our lives.
Now, would you like your children to get used to Programming Languages
so that they could recognize and appreciate this IT world, even from an early age?
We are offering “Computer Programming Class” for young kids, introducing a tool called
Scratch.  Kids will learn how to create easy games using basic Computer Programing skills.
Our wonderful college students (10 members) will volunteer to teach your children
with great skills and big smiles 🙂
Date : Saturday, December 13th
<Class #1 > – starts from 1:15pm, ends at 2:45pm – SOLD OUT
<Class #2 > – starts from 4:00pm, ends at 5:30pm
Register from here – https://sijp-20141202.eventbrite.com
(we will teach the same content for the first and the second class)
Place : Bellevue Childrens Academy, building 2
(14600 Northeast 24th Street, Bellevue)
Participants Age : K, Elementary School Students
Fee : $5.00 (pay at the door)
Language used in the session : Japanese/English
Sponsors : Bellevue Children’s Academy三井まりこ(Mariko Mitsui) 、スコット津村 (Tsumura Scott)
*Participants are encouraged to bring their own laptop from home.

 

Frozenが好きな子供達のための講座の紹介。また、12月13日の子供用のプログラミング講座の4時の部の募集中です。

Frozenが好きな子供達には次のプログラミングレッスンがあります。夢中になると思います。そして、12月13日のプログラミング講座にいきたくなると思います。

https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)がまだ半分の席に空席があります。優しい大学生のお兄さん、お姉さんたちが教えてくれます。

子供達のためのプログラミング教育の必要については、次のまとめをご覧ください。

 

 

Google Vice President of Engineering Mr. Chee Chew Presentation Report

chee

One of my major goals in life is creating a community where people can express our similar visions of life. I have always thought creating my own projects and potentially turning it into a start-up would be an option, a very challenging option but worth it to show my vision to the world. In order to succeed as much as possible, I have always felt the need to constantly be learning. I like to learn to grow my projects, to become a better person and to be happy on what I value. One of my learning curves is reading. Constantly reading and learning is very important and it was mentioned in Mr. Chee Chew’s presentation. I was able to come across his presentation because I was trying to learn the principles of Google from the book “How Google Works” by Eric Schmidt & Jonathan Rosenberg and Seattle IT Japanese Professional gave me the opportunity to learn directly from Mr. Chew.The major parts that I believed were important in the presentation were East Asian leaders and the culture difference from Westerns, team building, psychology and the priorities matrix.

East Asians have a very distinctive culture than American culture. I personally felt the difference growing up and working in both Japan and the United States. Sarcasm was one huge difference that Mr. Chew has pointed out. Japanese, in my experience also, do not use sarcasm as much and most do not even bother using it at all during work. It is also hard for many Japanese to stand up to their superior even if they think it is right. It comes from a great culture of respecting elders and others. It is for respecting the face of others, never to shame others or to be ashamed. Challenging authority can feel like you are being disrespectful to the Japanese. But it can be done in a very respectful way and is considered very courageous. And to climb up the corporate America ladder, sarcasm and expressing your opinion is very important. It is a key for gaining respect from others and being a leader. You cannot just be in the corner working on your task if you want to climb the corporate ladder. You have to engage with co-workers and communicate well. Know what your co-workers are working on and be able to help them when they need a hand. That is what leaders do well. Know about his or her peers very well and how to communicate with them.

Knowing what each person’s view and what motivates them is very important as a leader. Each person on your team grew up from a different background, has different views in life and has different things they get excited about. In order to maximize your team’s productivity, you must get to know each person and motivate them in different ways. Motivate them in ways that are most appropriate for each person and customize your interactions with each person. Your teammates also has to make different sacrifices in order to be a successful team. The team that knows each other the most and can find a middle-ground of sacrifices will have a better chance of succeeding. It is also better to have a good understanding of yourself to communicate well with others. A person with high EQ will have a better understanding of themselves and others.

Mr. Chew has also mentioned that EQ can be trained through the course of your life. And understanding psychology can play a major role developing ones EQ. Learning triggers through

psychology can really help ones growth. I believe that Japanese need to learn inner psychology the most because most of their action comes from external factors rather than their internal. Japanese society has a very strong way about always fitting in. Fitting in with the society is very important for the Japanese and plays a large role in the external factor. This will make it very hard for the Japanese to turn off their lizard brain and follow their gut. Most Japanese hate to embarrass themselves and hate to fail very strongly especially in public. It is very shameful to them and hard to get over. I can tell you that if there is a mixed culture at a party, the typical Japanese will never be one who starts dancing or who becomes silly and ice breaks the party. Japanese has also had the culture in the Age of Civil War when ones defeat equals ones death. It is over in one try. That is where the term “hara-kiri” comes from. That culture explains some of the reasons why Japan has one of the highest committing suicide rates. Failure is not an option to many people in Japan.

None of us like to fail and we try not to fail as much as possible. But we must be willing to risk failure to grow and learn. Learn from our failures and simply move on. We have to accept failure and keep taking risks to grow. To take risks, we have to learn to control our emotions outside our comfort-zone. When we can control our emotions outside our comfort-zone, we will have an opportunity to grow. It is hard for most people to go out of their zone and we will have to sometimes purposely push ourselves somewhere outside of that zone. Continuing to train outside of your zone and expanding your EQ will have a big impact on your success.

Setting priorities and taking action will also have a big impact on succeeding. But you will have to know which priorities to take care of first. Many leaders tend to focus on priorities that are urgent and high in importance. But the most important priorities that leaders need to focus on lies where it is not as urgent but important. Because when you focus too much on the most urgent and most important problems, you will not be able to sustain growth for your team or yourself. You will always be stuck working on the urgent and important problems. And if it is very urgent, someone in your team can take care of it. We tend to keep pushing back the less urgent but high priority problems. We know we would like to increase our communication skills, personal development issues or invest in team infrastructure but always put it back. When you keep putting off those problems that you know are important but not as urgent later on, it always snow balls and becomes a larger problem in the end.

There are many ways to view your own life or projects and there is never one answer. But to achieve your personal challenges and the higher the challenges are, the more you will need to grow and have a better team. To grow, you will need to be constantly curious, failing and learning. We will have to know well about our priorities and know which ones to work on. Knowing yourself and being able to control yourself is also one of the keys to success. Pushing yourself out of your comfort-zone and understanding about others views can help you achieve your wants in many ways. We can achieve more by constantly learning, thinking and growing with other teammates.

Here is interesting diagram that Mr. Chee mentioned during the talk

chee

12月13日子供用プログラミング講座のチケット発売開始です。

パソコンやスマートフォンを誰でも当たり前に使うようになりITが重要になってきた今、子ども達に早いうちからプログラミングに慣れ親しみさせてみませんか?今回の子どもプログラミング講座ではScratchというツールを使って子ども達に簡単なゲームの作り方を教えます。

講師をつとめるのは、学生のボランティアが10人です。優しいお兄さんやお姉さんが教えてくれます。

日時:12月13日(土曜日):第一部:午後1時15分から2時45分まで、第二部:午後4時から5時半まで(第一部、第二部とも内容は同じ)

場所:BCA2 (14600 Northeast 24th Street, Bellevue)

対象:小学生

参加費:5ドル(当日現地で支払い)

言語:日本語

協賛:Bellevue Children’s Academy三井まりこスコット津村

*ラップトップ持参推奨

チケット申し込み:https://sijp-20141201.eventbrite.com (1時の部), https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)

GoogleエンジニアリングディレクターChee Chew氏講演会レポート

「アメリカに住む日本人として文化の違いにとまどったことはありますか?」

「日本人としてのアイデンティディに囚われて、ここぞという時に一歩踏み出せないことはありますか?」

アメリカに住む日本人としてありがちなジレンマに答えを求め、今回はGoogleエンジニアリグディレクターのChee Chew氏の講演会にやってきました。今回も会場を提供してくださったBellevue Children’s Academy様、ならびにおいしいお茶をたくさん寄付していただいたスポンサーの伊藤園様、ありがとうございました。

「ルームメートへの復讐」

マレーシア生まれで、サウスキャロライナとケンタッキー州で育ったChee氏は、典型的なアジア人家庭で育ち、医者になるようにと将来のキャリアパスまで看護婦のお母さんに決められていました。そんなお母さんに促されるままマサチューセッツ工科大の医学部に入学したのですが、そのときのルームメートとの出会いがChee氏の運命を変えるのでした。

Chee氏のルームメートはいたずら好きなコンピュータサイエンス専攻の学生で、9歳のころからプログラミングを始めた筋金入りのプログラマー。テトリスには自信満々だったChee氏に、絶対勝てないテトリスをさせたり、Chee氏のコンピュータにウイルスを仕込み、立ち上げると「Cheeのアホ」というメッセージが出るいたずらをしたりとやりたい放題でした。

しかしある日Chee氏はそんなルームメートに復讐を誓いプログラミングを始めます。この復讐計画がキッカケとなりプログラミングにはまったChee氏は、医者にならずにマサチューセッツ工科大のコンピュータサイエンスの修士課程を修了し、プログラマーになってしまいました。

「マイクロソフト時代」

Chee氏の最初の仕事はマイクロソフトでのプログラマーです。典型的な中国人プログラマーのように、一日中誰とも話をせずにオフィスに引きこもり、ひたすらコードを書くのが日課でした。奥さんに「マネージャにならないの?」と聞かれても「マネージャになるくらいなら会社辞める。」と答えるくらいマネージャ職には興味がありませんでした。

ところが最初に小さなチームを任され、そのチームが徐々に大きくなるにつれてマネージャ職のおもしろさに目覚め始めました。しかしそれと同時にたくさんの失敗も犯しました。

例えばChee氏の部下のマネージャがミーティングで何かを提案したときに、そのマネージャの部下たちがいるミーティングでマネージャの提案にことごとくダメ押しし、その上Chee氏自身のアイデアのほうがいかに理にかなっているか説得してしまい、その結果そのマネージャは自分の部下たちからの信用を失った挙句に会社を去りました。

またある時はカフェテリアに響き渡るような大声で部下を叱責してしまい、その後周りのたくさんの同僚や上司からこっぴどく注意されたこともありました。こんな苦い経験からマネージメントとは何かと学び、それ以来心から信頼できる数人の部下たちに自分のマネージャとしての行動を監視してもらい、フィードバックをもらっているそうです。周りにイエスマンばかりを置いて裸の王様になるのを避け、常にマネージャとして成長できるような環境を整えているのですね。

「Google時代」

現在Googleのシアトルとカークランドオフィスを統括するChee氏は、テクニカルなことだけでなく、駐車場からオフィスに置く食べ物まで幅広く管理し多忙な毎日を送っています。それと同時に、アジア全体のエンジニアを対象にしたGoogleのEDGEというリーダーシップ入門講座を日本で開催しています。

Chee氏のモットーは、

「常に自分が楽しめることを追う」

「リスクを恐れるな」

「仕事は楽しむべき」

なのですが、それを体現するかのようにいつもジャージとスニーカーという体育の熱血先生のようないでたちで仕事をしているそうで、「人間はリラックスしているときが一番能力を発揮できる」のだそうです。

chee

ちなみにこの日の講演会もジャージとスニーカーで登場のChee氏

「アジア人気質とアメリカ社会とLizard Brain」

さて私たち日本人が生まれ育った文化では「年上には逆らうな、口答えするな。」「失敗は許されない」など独特な価値観があります。このようなアジア人的価値観は西洋的な価値観とは相反するもので、アメリカ社会においてアジア的価値観で物事を見たり行動したりするとあらぬ誤解を受けたり、損をすることがあります。

Chee氏も私たちと同じようにアジア的価値観の中で育ち、体に染み付いたアジア的価値観から脱皮するために努力してきました。例えばGoogleの社風では、上司やマネージメントにチャレンジして、自分の意見を述べることはとても大切なことなのだそうです。会社の製品を向上させたり、よりよい方法を見つけ出すには、全員が意見を述べ、吟味し、そして最良の方法を見つけるのが正しいやり方です。しかし日本人はアジア的価値観が邪魔をして「上の人間には意見してはいけない。」「他の人の意見に同調すれば万事収まる。」「上の人にこんなことを言ったら、首にされるかもしれない。」など躊躇してしまいます。

しかしChee氏に言わせれば、

「怖がったり、心地がよくなくても大丈夫。むしろそう感じて当たり前。時間はかかるかもしれないが、恐怖心を把握してそれを打破することが大切。」

なのだそうです。

この恐怖心はLizard Brainと呼ばれ、対処法さえ知っていれば恐怖心を打破することができます。

(Lizard Brainについてはこのビデオが詳しく説明しています)

実際に会場でChee氏の指導の下、参加者全員でLizard Brainを打破する練習をしました。まず自分と同じくらいの身長の人と向かい合い目を見つめあいます。そしてChee氏の指示で少しずつ相手との距離を縮めていきます。最後はお互いの鼻頭が5センチくらいのところまで接近するのですが、この前の時点ですでにパーソナルスペースが侵されみんなこれ以上接近するのを躊躇してしまいます。これがLizard Brain。しかしいったん肝を据えて相手の顔のギリギリまでえいっと思い切って接近する。この瞬間がLizard Brainを打破する瞬間なのです。仕事でも同じように何かをすることがとても怖く心地悪い気がしても、思い切って恐怖心を打破しやり遂げることが大切なのだそうです。

lizardbrain

お互いかなり接近していますが、この後もっともっと急接近します。

「心の知能指数」

Chee氏がマネージャとして一番大切にしているのはEQ(Emotional Intelligence)、つまり心の知能指数です。IQとは違い、EQはサイエンスでなく相手の考えを理解し、自分がどれだけ相手の考えに歩み寄れるかということです。Chee氏も自分のチームを大切にし、IQよりもEQを重んじるからこそすばらしいリーダーシップが取れるのでしょう。実際Googleでも面接するときは応募者のEQを見ることが多いそうです。ただEQ重視で採用できるかと言ったら、まだまだそれは難しい課題のようです。

そのほかに講演会では事前に送られてきた質問や、会場でのQ&A、その後はChee氏を囲んでのネットワーキングと最後まで盛り上がりました。今回はアジア人として数少ないエグゼクティブとして成功しているChee氏のリーダーとしての考えを学ぶことができ、またアジア人として同じような悩みを抱え、それをどのように解決したのかという経験を知ることによって同じアジア人として勇気付けられました。

さて次回は12月13日(土曜日)開催の子供向けプログラミング講座です。奮ってご参加ください!

(執筆:ぺヤング大森)

12月13日子供向けプログラミング講座

パソコンやスマートフォンを誰でも当たり前に使うようになりITが重要になってきた今、子ども達に早いうちからプログラミングに慣れ親しみさせてみませんか?今回の子どもプログラミング講座ではScratchというツールを使って子ども達に簡単なゲームの作り方を教えます

日時:12月13日(土曜日):第一部:1時15分から2時45分まで、第二部:4時から5時半まで(第一部、第二部とも内容は同じ)

場所:BCA2 (14600 Northeast 24th Street, Bellevue)

対象:小学生

参加費:5ドル(当日現地で支払い)

言語:日本語

協賛:Bellevue Children’s Academy, 三井まりこ

*ラップトップ持参推奨

チケット申し込み:https://sijp-20141201.eventbrite.comhttps://sijp-20141202.eventbrite.com (発売開始:12月1日、正午から)

 

11・13(木)の講演会、伊藤園さんからお茶の提供があります。

11/13予定の「Google Engineering Director Chee Chew氏講演会」で講演者に質問したい内容をあらかじめ募集いたします。下記のフォームから質問内容を送信してください。

http://bit.ly/sijp-questions-cheechew

もちろん当日直接質問してくださっても構いません。

講演会への参加申し込みはこのリンクから: https://www.eventbrite.com/e/google-engineering-director-chee-chew-fireside-chat-with-chee-chew-tickets-13703749283

また、伊藤園さんにまたスポンサーとなって頂きました。飲み物の方はこちらで準備させていただきます。