茶ッカソン、餅つき直前情報と会場のBCAの行き方および駐車場について

今週の土曜日(1月24日)は茶ッカソンの日です。まだ席の空きがあります。奮ってご参加ください。次の写真は先日行われた日本での茶ッカソンの写真です。

chakkasonjapan

また、餅つきもまだ定員に余裕があります。下の写真の餅マスター?も参加予定です。皆さんに美味しいもちをたべて頂こうと明日から実行委員は準備に入ります。ご期待ください。

mochi-sugiyama

シアトルからBCAの行き方はGOOGLEMAPを参照してください。

520を降りたあとは148thで右折して、NE24thで右折してください。

bca1

午後1時前後はBCAが大変混雑しますので、参加者はBCA1に駐車して下さい。BCA1はハンバーガーショップをこえて、右折してください。

bca2

全体からみた図は次のようになっています。

bca3

1月24日の餅つきのUPDATE(つきたての餅のTOPPINGおよび料理方法を募集)

つきたての餅のTOPPINGおよび料理方法を募集しています。斬新なアイデアをだしてください。また、好きな方法に一票を投じてください。

http://www.google.com/moderator/#16/e=21b5a5 (すいませんが、投票するにはGoogle Accountが必要です。ただ、無記名で投票できます)

会場では伊藤園から無料のお茶が提供される予定です。また、参加者の数に見合う、十分なもち米を用意するよう努力しています。

茶ッカソンのUPDATE(審査員、賞品、司会など)

審査員が内定しました(敬称略)。

  • President & CEO , Five Senses Inc 佐川明美
  • ベルビュー・チルドレンズ・アカデミー、ディレクター 清水楡華
  • 在シアトル日本国総領事館領事 小西隆太郎

優勝チームにはスポンサーからすてきな商品が出る予定になっています。

また、司会は茶ッカソン界?では有名なNIFTYの河原あずさんをシリコンバレーからお招きしています。彼は先日サンフランシスコで行われた堀江貴文氏の講演ラーメン茶ッカソンで名司会をなされていたそうです。記事ででている伊藤園の宮内さんも参加します。

是非、  http://chakkason.eventbrite.com から申し込みをお願いします。

茶ッカソンおよび餅つきの参加者募集中です。

1月24日の午後1時から行われる茶ッカソンの参加者が少ないようなので、参加の申し込みをよろしくお願いします。みんなでお茶をのみならが、普段、考えていないようなことを一緒に考えるというのはなかなかない機会だと思います。参加費の方は無料にしました(餅つきの方は有料です)。

また、茶ッカソンの後に行われる餅つきの申し込みページを別に作りました。そちらの方もよろしくお願いします。つきたての餅はおいしいですよ。最近できた餅つき同好会が中心となって昔ながらの餅つきをします。

 

 

Invitation to a First Ever “Happy New Year” Chackathon in Seattle 1/24 (Sat)

chakkathon

SIJP is a networking community mainly for Japanese professionals working in the IT industry. We are pleased to announce that many have joined our events throughout 2014 and are a community that gathers 40 to 100 people each of our guest speaker events. SIJP have also started a programming class towards children because the Japanese community has many family and small children. The programming class was held throughout one day with 2 sessions and both sessions were sold out with children learning how to code. We would like to continue to grow the Japanese IT professional community in 2015 also.

That is why we like to start off with our first ever SIJP “Happy New Year Chackathon in Seattle” at 1/24 (Sat).

“Chackathon” is a created word between “cha” (means tea in Japanese), “hack” and “marathon”. “Hackathon” is a place for people with different backgrounds to discuss different topics, innovate and create ground-breaking ideas. At “Chackathon”, we will discuss and communicate open-minded with a nice cup of Japanese tea. The event has been held at Silicon Valley and Tokyo total of 3 times but has never been held in Seattle. This will be first ever “Chackathon” in Seattle!

At this event, we will gather about 30 people and split them into 5-6 people teams. The teams will discuss ideas, present and compete against each other. We will choose the best presented idea and take action back to the community but we would like to set the first event’s goal as settling the “Hachkathon” culture. We are planning to have one or two English teams where they carry out discussion and present the idea in English while other teams will be using Japanese. We will have onsite translators. We would like to have people with many different professional backgrounds in order to have a diverse discussion. Homemakers are also very welcomed. Please note that we will have selection process if there are many applications.

After everyone discussed all their ideas over a delicious cup of tea, we are also holding a traditional Japanese Mochi Festival. We would like to give every participant at the festival of all ages a chance to pound the mochi rice with a traditional Japanese pestle. There is no other best tasting mochi in the world than the ones you have pounded yourself. Everyone is invited to the festival!

We plan to have a $5-$15 fee for all the ingredients and costs for holding the event. Please see the “Event Participant Fee” page for more information.

“Chackathon”Event Information

The first topic for Seattle’s 1st Hackathon is…

“What can we do to increase the Japanese community population in Seattle to 50,000 people (current population is 6,300)?  

The Pacific Northwest is one of the first places a Japanese set foot in America. The history, weather and region are very suitable for the Japanese but still cannot get rid of the tourist image of Seattle. There are major corporate companies based in Seattle such as Amazon and Microsoft. The IT business is switching over to the cloud computing and the new generation of Japanese IT technicians has many new opportunities in the Puget Sound area. What would the new generation want from the community? How would they continue to connect as the community grows? How would we integrate and utilize the experience of 2nd, 3rd and 4th generation? Why do students often go back in just 1 year? Why are there less 30 year old generation? Etc. We would like to discuss these kinds of topics through the “Chackathon”.

Please register at http://goo.gl/forms/5DUfSa0SNq and we are looking forward to seeing you! The deadline for application is 1/9.

If you have any questions please contact:  chakkasonseattle@gmail.com

Event Information

Date:1/24(Sat)

Place:Bellevue Children’s Academy (14640 NE 24th St Bellevue, WA 98007)

Program:

  • 1:00 Door Open/Networking
  • 1:30 Program Start/Schedule Information/Team Formation
  • 2:00 Idealization
  • 3:45 Presentation(Each team total of 10 min, 5 min presentation and 5 min Q&A)
  • 5:00 Judge&Mochi Festival
  • 6:00 Winner Announcement
  • 6:30 Clean up/Networking
  • 7:00 Close

Event Fee(Day of Event, Cash Only)

  • Full Participation:$15
  • Visitor:$10
  • Children (Under Age 12, Mochi Festival Only):$5
  • Children (Under Age 5):Free

The fee’s will be for the event and the Mochi Festival ingredients.

 

『新年おめでとう』茶ッカソン in Seattle 第一回 開催のお知らせ & 一般参加のお誘い

いつもSeattle IT Japanese Professional (以下略SIJP)イベント参加ありがとうございます。SIJPではIT関係に勤める日本人を中心に広く交流を進めてまいりました。おかげさまで2014年中も地域で活躍される方々に多く参加いただき、不定期ながらもSIJPの主催する講演会には40人から100人以上の参加者(主に日本人)を常に集められる程のコミュニティに成長しています。日本人コミュニティの中には小さい子供を持つ家族も少なくないので、先週末には日本語での子供向けのプログラミング講座を午後2回に渡り開催したところ、こちらも大変好評を頂きました。来たる2015年も引き続き、日本人IT技術者を中心としたコミュニティを育ててゆく所存です。

そこでSIJPでは新年の企画第一弾として、『新年おめでとう茶ッカソン in Seattle』というイベントを1月24日(土)に開催いたします。

茶ッカソン』とは「お茶」と「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語です。これまで様々なバッググランドの人々が集まり、共通の議題をディスカッションし、画期的なアイデアやイノベーションを生み出す場を『ハッカソン』と呼び、東北の震災時にも様々な団体が垣根を越えた活動をしました。「茶ッカソン」では、ハッカソンのスピリットにお茶をたしなみながら、さらに裾野の広い良質なコミュニケーションを図る試みです。これまでにシリコンバレーと東京で3回ほど開催されてきましたが、シアトルは今回が初めての試みとなります。

イベントではシアトル地域から参加する30人余りの方々を各5-6人程度のチームに分け、チーム対抗で様々なアイデアを議論・発表します。最終的にはよりすぐれた案を選びコミュニティへフィードバックしてゆきますが、第一回の目標はまず今回をきっかけに「ハッカソン文化」をシアトル日本人コミュニティに根付かせることにあります。今回はシアトル初めての開催になりますので議論は日本語のみ、また人数制限等の為に参加者希望者の数が多い場合は選考があることを予めご了承ください。議論の多様性を高めるためいろんな職業、バックグラウンドの方の参加をお待ちしています。主婦および主夫の方も大歓迎です。

イベント当日は皆さんにおいしい茶を飲みながら色々アイデア出していただいた後には「昔ながら」の餅つきを企画しています。腕に覚えのある方、無い方、大人・子供、どんな方でも希望される方には杵(きね)を一度は握れるよう準備いたしております。つきたてのお餅は何時食べても美味しいものですが、ご自分でついた餅は格別です。ふるってご参加ください。

なお、今回のイベント参加にあたっては餅つきの材料費など諸経費を賄うために各$5~$15ほど徴収させていただく予定にしております。詳しくは「イベント参加費」をご覧ください。

 

「茶ッカソン」イベント内容について

記念すべきシアトル第一回茶ッカソンのテーマは

“シアトルの日本人永住者を5万人(現在約6300人)にするにはどうすればいいか?”

このアメリカ北西部は日本人が初めて入植した土地。歴史に季候、土地柄と日本人が馴染みやすい土地柄ですが、なぜか観光地程度のイメージから払拭できずにいるように見受けられます。近年はAmazon.comの台頭やMicrosoft Corp.のクラウドビジネスへの転換でにわかに新世代のIT技術者で湧くPuget Sound地域はあるいは日本人気質が新たに求められる時代が来るかもしれません。そんな新しい世代に日本人がこの地域で求めるものは何なのか?定住者を増えてゆくことで躍進の伝手はあるのか?地域に多く活躍する日系3世、4世の皆様の経験を有効活用するには?多くの学生が1年近くで帰ってしまうのはなぜか?30代の若手永住者が少ないのはなぜか?などなど、新年の祝いを交えながら色々議論をしてみたいと思います。

年末・年始お忙しいところとは存じますが、なにとぞ参加・協力のご検討のほどよろしくお願いいたします。クリスマス前で恐縮ですが1月9日まで http://goo.gl/forms/ua9539GiHOから申し込んでください。

何か質問がありましたら、chakkasonseattle@gmail.comにメールをお願いします

イベント日時・開催場所

日程:1月24日(土曜日)

場所:Bellevue Children’s Academy (14640 NE 24th St Bellevue, WA 98007)

プログラム(予定):

  • 1:00 開場・ネットワーキング
  • 1:30 プログラム開始・スケジュールおよび内容説明・チーム分配
  • 2:00 Idealization
  • 3:45 プレゼンテーション(各10分以内、5分のプレゼンと5分のQ&A)
  • 5:00 審査&餅つき
  • 6:00 結果発表
  • 6:30 後片付け・ネットワーキング
  • 7:00 閉場

イベント参加費(当日、現金払い)

  • 一般参加:$15
  • 観覧のみ:$10
  • 子供(12歳以下)(餅つきのみ):$5
  • 子供(5歳以下):無料
  • 餅つきボランティア:無料(人数制限あり)

今回の参加費の当日の開催費用の他、餅つきの材料費等に使用させていただきます。

餅つきボランティア大募集

当日は本格的な臼と杵を使い、餅つきを慣行いたします。楽しくシンプルな協同作業ですが、多少のボランティアが必要です。当日および前日にかけてご協力をお願いいたしたく、興味のある方はどうぞサインアップよろしくお願いいたします。

  • 当日:道具・荷物搬入手伝い(3名)、キッチン(3名以上)、餅つき雑務(1名-搬入手伝いと兼務可)
  • 前日:もち米とぎ(4名)、雑煮用野菜準備(3名)

 

子供向けプログラミング講座の感想など

インターネット上にはいろんなスクラッチの講座があります。機会があれば、子供さんと一緒にやってみてはいかがでしょうか?例えば

講座で使用した資料は次のリンクにあります。Scratchでゲームを作ろう

また、子供さんの保護者の方から次のような感想をいただきました。どうもありがとうございました。

プログラミングに興味を持つ良い機会になりました。
次回があればまた参加したいです。
ボランティアの皆さんには、前知識ゼロの幼稚園児にもとても丁寧に楽しく教えて頂けたようで、息子もとても喜んでおりました。 ありがとうございました。
娘が楽しくプログラミングの勉強ができて、とても喜んでいました。
大変ありがとうございます。又、このような機会があれば参加させて頂けたらと思っています。
息子が大変楽しませて頂きました。ありがとうございます。
翌日、家でもさっそくScrachにアクセスして、楽しんでいました。
子供の話では、とても楽しかったようです。帰宅の車の中で、「来週もあるの?」と生き生きして尋ねてきました。また機会があれば参加する意欲満々です。どうもありがとうございました。
楽しかったらしく、子供がまた参加したいと言っています。
中学校、高校対象の講座も開催して頂けますと嬉しいです。
ほぼマンツーマンの形で、教えて下さった方も非常に辛抱強く丁寧に子どもに対応してくれて、良かったです。

 

 

1月24日(土)に茶ッカソンを開催します。

SIJPでは新年の企画第一弾として、”新年おめでとう茶ッカソン in Seattle”を1月24日(土)に開催することに決定しました

人々が集まり、お茶をたしなみながら、良いコミュニケーションを図り、イノベーションを生み出す場、それが「茶ッカソン」です。お茶を通じて、人と人のコミュニケーションを活性化し、議論を深めることで、画期的アイデアを生み出す場です。すでに、シリコンバレーと東京で開催されました。

テーマは”シアトルの日本人永住者を5万人(現在約6300人)にするにはどうすればいいか”です。

新年第一弾のイベントをしてふさわしいものを行う予定です。 詳細は後日発表します。ご期待ください。