3月27日 SIJP主催 我孫子泰祐さん講演会のお知らせ

3月のSIJP講演会のお知らせです。申し込みはhttps://www.eventbrite.com/e/16064498347からお願いします。

我孫子泰祐さん講演会「ネイティブコードを語る。」

逆アセンブルを眺めながらネイティブコードの楽しさについて語ります。ハング・メモリリークなど、ソフトウェアエンジニアであればだれでも経験するであろう問題について夏休みの自由研究のように観察します。

当日は簡単な食事および伊藤園からのお茶が提供予定です。

【開催日時・場所】

  • Date / Time: Mar 27, 6:30pm – 9:30pm
  • Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
  • Admission fee (light dinner is served): Students $5, Adults $10

【講演者略歴】我孫子 泰祐

大学院にて非ノイマン型プロセッサを研究し、卒業後に小さな会社を立ち上げるも諸般の事情で日本マイクロソフトに入社。その後マイクロソフト本社へ転籍。現在は Windows部門にてソフトウェア開発に従事。工学博士。
我孫子 泰祐

【内容(予定)】

  1. ネイティブコードとは?
  2. 逆アセンブルからCソースを脳内生成してみよう(バグ修正の存在確認)
  3. コンパイラによる最適化を観察してみよう(デバッグビルドとリリースビルド)
  4. 関数コールの仕組みを観察してみよう(関数呼び出し規約、スタックメモリ)
  5. 森の中でメモリリークに出遭ったら(ヒープメモリの観察)
  6. 森の中でハングに出遭ったら(クリティカルセクションの観察)
  7. 森の中でバッファオーバーランに出遭ったら(ガードページとクラッシュダンプ)

【スポンサー】

 ITOEN LOGO  BCA LOGO

2月27日 SIJP主催 鷹松弘章氏講演会のお知らせ

2月27日のSIJP講演会のお知らせです。まだ、空席があります。申し込みはhttp://takamatsu.eventbrite.comからお願いします。また、http://goo.gl/forms/EgbmqzdVu5 で事前質問を募集しています。

採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

Date / Time: Feb 27, 6:30pm – 9:30pm
Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
Title: Switching jobs from a manager’s view point
Speaker: Hiroaki Takamatsu, Principal lead of software engineering in Microsoft
Admission fee (light dinner is served): $10
就職活動シリーズ、前回の講演のノウハウを採用側からの視点でお伝えします。エンジニアとして就職したい学生の方、別の会社にも興味があるけど、アメリカで転職なんてしたことないし…という方に役立つ情報をコンパクトにまとめてお伝えします。採用側はどのように人を見るのか、採用の判断基準はどんなものがあるのか、など盛り込む予定です。
【講演者略歴】 鷹松 弘章
1994年よりロータス株式会社の製品開発分野を歴任後、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト)を経て、2001年米国Microsoft Corporation入社。Windows Media Center, Windows Media Player, Windows Vista, 7, 8, 8.1 のリリースを手掛け、現在は同社Operating System 部門のプリンシパルリードを務める。モットーは理解せずには前に進まない

東北支援チャリティーディナーイベントへの寄付のお願い

東日本大震災から早4年が経過し、シアトルでは当時の惨状や復興を伝えるニュースが希薄になりつつあります。しかし、東北や日本各地では、未だ震災の影響による深刻な問題が存在し、特に子供達の心の中には、当時の出来事が深い傷となって残っています。「シアトルは忘れない – Compassionate Seattle」という表明の下、今も苦しんでいる子供達のために、2月26日(木)レドモンドにおいて、チャリティーディナーが日米協会の主催で開催されます。

SIJPは、このイベントを全面的にサポートします。イベントでのSIJPテーブル席については、お陰さまで、完売しました。つきましては、寄付について、皆様のご協力をお願い申し上げます。こちらのページより、ご寄付をお願いいたします。”Donation for”については、”Tohoku Revive Donation”をご選択ください。また、”Organization”または”Comment”の欄に、”SIJP”とご記入ください。

多数の皆様のご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【イベント情報】
「Tohoku Revive」 ~ Give Children Hope and Dreams

日 時:2月26日(木) 午後6時イベント開始
場 所:Willows Preparatory School, 12280 Redmond-Woodinville Rd. NE, Redmond

大村・在シアトル日本国総領事・非営利団体 JEN による情報提供、菅野祐吾氏によるピアノ演奏、「ちきり」による太鼓演奏も披露されます。

東日本大震災の悲惨さを伝えるビデオがYoutubeに掲載されていますので、是非ご欄ください。

2月26日東北支援チャリティーディナーイベントへのご協力のお願い

シアトルの日本人は東日本大震災を忘れかけてますが、 実は深刻な問題が 特に子供達に残っています。そこで、ボランテイア有志の方々が「シアトルは忘れない(“Compassionate Seattle”)」という気持ちで 心理的に参ってる子供の為に募金運動を始めました。 東北地震がいかに悲惨だったかビデオがYOUTUBEにあります。

SIJPではこのイベントを全面的にサポートします。そこで次の3つの方法で募集を始めました。

1)イベントでのSIJPテーブルの席の購入

$60ドルでSIJPのテーブルに参加できます。このページから参加申し込みをよろしくお願いします。

2)寄付

このページにいき寄付をしてください。”Donation for”に”Tohoku Revive Donation”, OrganizationかCommentsにSIJPとかいていただければ助かります。

3)ボランティア

このページから申し込みを行ってください。

ご協力のほうをよろしくお願いします。 

イベント日時など

Tohoku Revive」 ~ Give Children Hope and Dreams

日 時:2月26日() 午後6時イベント開始

場 所:Willows Preparatory School    12280 Redmond-Woodinville Rd. NE, Redmond

大村・在シアトル日本国総領事・非営利団体 JEN による情報提供、菅野祐吾氏によるピアノ演奏、「ちきり」による太鼓演奏もあります。

Tohoku Revive_mail_flyer_1.9.15_10 (2)

2月27日:採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

taka

採用側から見た転職・就職講座(ソフトウェア業界や米国での採用を中心としたもの)

Date / Time: Feb 27, 6:30pm – 9:30pm
Place: Bellevue Children’s Academy (BCA2), 14640 NE 24th St, Bellevue, WA 98007
Title: Switching jobs from a manager’s view point
Speaker: Hiroaki Takamatsu, Principal lead of software engineering in Microsoft
Admission fee (light dinner is served): $10
就職活動シリーズ、前回の講演のノウハウを採用側からの視点でお伝えします。エンジニアとして就職したい学生の方、別の会社にも興味があるけど、アメリカで転職なんてしたことないし…という方に役立つ情報をコンパクトにまとめてお伝えします。採用側はどのように人を見るのか、採用の判断基準はどんなものがあるのか、など盛り込む予定です。
【講演者略歴】 鷹松 弘章
1994年よりロータス株式会社の製品開発分野を歴任後、マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト)を経て、2001年米国Microsoft Corporation入社。Windows Media Center, Windows Media Player, Windows Vista, 7, 8, 8.1 のリリースを手掛け、現在は同社Operating System 部門のプリンシパルリードを務める。モットーは理解せずには前に進まない

Team English “Maccha Latte”

What do you get when you mix tea and hackathons? You get a Chackathon. The Chackathon is a portmanteau of Cha, the Japanese word for tea and Hackathon, a competition in which teams compete to make a software application. This hackathon didn’t involve hacking but the atmosphere was just as innovative as an actual Hackathon.

 

The Chackathon

 Chackathon

The discussion topic was “how to get 50,000 Japanese living in Seattle”. Most of the teams at the Chackathon were Japanese but I joined the only English team because I felt more comfortable speaking English than Japanese. Our team name was “Matcha Latte,” to reflect the Japanese community in Seattle, a city famous for coffee. As the hackathon started, a representative of Ito-En handed all the participants four of their green tea products. One of them was the standard “Oi~ Ocha” green tea that is seen all over Japan, but the other three were products I have never seen before. As I was carried away by my team’s fervent discussion during the Chackathon, I realized that I had consumed all four of my drinks 30 minutes into the Chackathon while my teammates were still sipping at their first bottle. It was a decision I would regret later on.

Chackathon 2

Sip slowly, but don’t drink all four at once! (Photo credit of Mari Kuster but we should use our own photo if we have one…)

 

The timer stopped and the teams began to present. The Chackathon had three judges and we were judged on “creativity”, “realistic”, “scalability”, “presentation” and “teamwork”. All 6 teams that presented came up with incredible ideas. I remember one team proposed a Japanese drama set in Seattle while another proposed building a bathhouse to attract more Japanese to Seattle.

 

Our team first, determined that 50,000 population growth to be unrealistic and instead proposed a more realistic goal of 27,000. We realized that Seattle needed a platform for Japanese to live in aspects of business, education, sports/entertainment, media/local organization and retirement. Our team wanted to encourage WA state to increase import/export and lobby state to have similar incentives such as “Start up New York”. There was also a need to redevelop an area where the Japanese can live together like Spring District. We then came up with idea’s like  bringing J-league to play against Sounders FC and Sumo exhibitions to Seattle like Vegas for entertainment. Our team noticed that all the current Japanese organizations were working too much on their own and felt the need to bring together all the organizations. Which we came up with an idea called “Meet me at the J” community center. We also proposed to promote Seattle’s beauty and use a Panama Hotel model to make more welcome.

 

After all presentations and all of our brilliant ideas, “Maccha Latte” team did not win 1st or even 2nd place (They only announced to 2nd place). We thought we had the most logical and realistic idea to help Seattle and the Japanese community. But our presentation did go over time and it did feel like we lacked creativity. We learned that next time we will try to go more creative and bring a brilliant innovative idea to help the Japanese community. I would personally like to keep all these ideas going and help grow the Japanese community in Seattle.

Mochitsuki: Pounding Rice

 Chackathon 3

After the presentations were finished, we moved into Mochi-tsuki, a Japanese New Year custom where participants help make mochi ricecakes by pounding at rice with two-handed wooden hammers. At this point, my body felt a bit weird. It felt like the exact opposite of being drunk. My muscles were twitching and I had a subtle headache. I think I overdosed on caffeine during the Chackathon so I couldn’t participate in the Mochi-tsuki due to safety reasons. But I had a great time watching everyone make mochi and eating the mochi.


Overall, I believe it was a successful Chackathon. I was happy to see ~30 participants of all ages and professions come together to innovate at the Chackathon. I certainly hope that this Chackathon can provide the Japanese community in Seattle with new ideas on growing the Japanese community in Seattle.

[slideshare id=44003929&w=476&h=400&sc=no]