Ways to Make a Decision_Guest Speekers

「Ways to Make a Decision 〜各界で活躍する人たちの分岐点とは〜」イベントレポート

【概要】
2016年12月3日、SIJP Student Division主催のもと、「シアトルで活躍している社会人とのパネルディスカッションを通し、学生自身が将来のキャリアを考え、理想のキャリアを形作る為の行動のきっかけを作ってもらう事」をテーマに、現在アメリカでご活躍なさっている3名の社会人の方をお招きし、キャリアイベントを開催しました。

【ゲストスピーカー】
戸島 壮太郎さん、堀 剛さん、為石 万里子さんにゲストスピーカーとしてお越しいただきました。3名の詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

【イベント】
当日は多くの方にお越しいただき、パネルディスカッション終了後も参加者からの質問が絶えないという大盛況の中、幕を閉じることが出来ました。90分に及ぶパネルディスカッションではゲストの経歴紹介から始まり、「どうしてアメリカへ?」「アメリカと日本の働き方の比較」「キャリアパスの決め方」を主なトピックとしてお伺いしました。3名それぞれ豊富な経験をお持ちなので、本当に中身の詰まったお話を伺うことが出来ました。

【どうしてアメリカへ?】
日本の企業を退職してアメリカへ飛び立たれた飛石さん。アメリカでのご苦労された経験も山程あったそうです…..。では、日本で働く方が楽そうなのに、なぜアメリカで働くことを選んだのかお聞きしました。

為石さん:チャンスが得られる。自分がやりたいことを日本でやろうとすると、チャンスが巡ってくる可能性はすごく低い。しかし、アメリカで頑張っているとどこかで見てくれる人がいる。アメリカは日本と違い、幹部が入れ替わると経営方針もガラッと変わるので、そこで引っ張ってくれる人がいることある(逆も然り)。なので、自分自身でやりたいことがしっかりしている人は、アメリカでのほうが出来る可能性が高いかもしれない。

【アメリカと日本の違いは?】
日本とアメリカの両国で社会人経験のある戸島さん。日本とアメリカでの企業文化、働き方の違いについてお話してくださいました。

戸島さん:日本では雇って「もらっている」、お金を「もらっている」という感覚が強いが、アメリカでは企業と社員は契約として対等であり、企業は社員に気に入ってもらえるよう給料や福利厚生のサービスをするし、社員も企業にそれに見合った奉仕しようとする。関係が契約に基づいているので、成功した分だけお金を貰えるし、失敗すれば職が無くなるというシビアな世界。逆に日本では失敗は7割減だが、成功しても7割減の評価をされることが多い。

さらにさらに、私たち学生が働くときに意識してほしいことを語ってくださいました!

戸島さん:国関係なくどこの会社に入っても、始めの3年間は上司の為に働くこと。上司との考え方のズレは必ずあるが、そこで自分の価値観を出しても絶対にうまくいかない。上司に始めは寄り添うことで、上司はあなたたちを信頼し、自由をくれるようになる。そうなって初めて自分自身の価値観を描いて仕事をするとよい。これは日本でもアメリカでも一緒だと思う。

【キャリアパスの決め方とは?】
「自分は逃げてきた人生」とディスカッション冒頭から仰っていた堀さん。キャリアパスの話では、自分が「好きだっ!やりたい!」と思うことに向かって突き進むことが大事とお話してくださいました。「やりたいこと」を見つけるのは難しいと思うのですが、どうやって見つけていけばいいのかお聞きしました。

堀さん:「やりたいこと」は常に変わる。変わっていい。しかしそこには自分の「コア」となるものがある。初めは「やりたいこと」はわからなくて当然。わからないから大学に行ったりする。そこから、何でもいいから何かを始めてみること。そして本当にやりたくないことはやらないこと。自分の「コア」な部分を壊されてしまうような我慢はするべきではない。人生において人を幸せにするにはまず自分が幸せにならなければならない。自分がどうやったら幸せになれるのかを考えるのが大事。

堀さんだけでなく、戸島さん飛石さんも自分の「本質となるもの」「軸」が大事であるとお話しくださいました。

【最後に】

全く違う経歴を歩まれている3名ですが、特にキャリアパスのお話では同じ方向の価値観を持っていたりと、とても興味深い内容をお聞きすることが出来ました。参加者の皆様も、自身の将来を考える貴重な機会になったのではないかと思います。改めまして、ゲストとしてお越し下さった堀さん、為石さん、戸島さん、本当にありがとうございました。

イベントの動画もSIJPのYutubeに掲載しています。レポートしきれなかった貴重なお話がたくさん詰まっているのでよろしければご覧ください!

SIJP Student Divisionでは、これからも学生のキャリア構築に貢献していくためのイベントを開催していきます。2月には今回のキャリアイベントの第2弾を開催予定です。是非是非お越しください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

執筆:幼方優佳

Student Division Essay No.7 藤井里名さん

①日本の大学名: 神戸市外国語大学
②日本の大学の専攻: 英米学
③シアトルにいたころ所属していた学校: Highline College
④シアトルで勉強していたこと: Business & Communication
⑤シアトルを選んだ理由: もともとは観光の勉強をしようと思って選択した学校がシアトルにありました。(結果的には興味が他に移ったため別の勉強をしていました。)
⑥所属期間: 2015.11 – 2016.7

1.SIJP学生部に入った経緯を教えてください。
SIJP主催のイベント”Make a Decision”に参加したことがきっかけです。そのイベントが面白かったので、今度は自分もイベントを開催する側へ周りたいと思いました。また、IT企業が多く存在するシアトルならではのことを経験してみたいと思っていたので、IT分野との繋がりの強いSIJPならばそれが出来るのではないかと考えたことも理由の一つです。

2.SIJPではどのような活動をしていましたか。
学生部キャリア部門プロジェクトリーダーという立場で、シアトル周辺に住む日本人留学生向けに、将来のキャリアを決定して行く上でヒントになるようなイベントを企画・開催していました。あとはイラストを描くことが好きだったので、イラストを使ってお手伝いできることがあればしていました。

3.今の自分に役立っていると思うSIJPでの活動を教えてください。
イベント企画の活動です。毎回一筋縄ではいかず、一つのイベントを企画する際に多くの失敗や苦労を重ねましたが、そこから得た教訓が今の自分の考え方に大きく影響を与えているように感じています。例えば、キャリアイベントの企画中、企画の目的を考え直して、一度企画が白紙に戻ったことがありました。それから開催時期の調節も行いながら、もう一度作り直して行くことは大変でしたが、SIJPのスタッフや、他の部門のメンバーが的確にアドバイスしてくれました。この経験を通じて、目的と手段を混同させないことの大切さを学びました。ここがはっきりしていないと、グループのメンバー内で認識の仕方にズレが生まれたり、企画の方向性がブレやすくなってしまったりするのだということを、身をもって実感しました。沢山の苦労はあったものの、イベントを最後まで成し遂げ、参加者から「参加して良かった」と一言もらえた時は、とても嬉しかったです。現在は、グループで活動する時、いつも「全員がきちんと同じ認識で話しているか?」や「目的はシンプルで的確か?」と、以前では気にかからなかった点を気にかけることが出来るようになりました。もちろん、まだまだ自身の未熟さを感じることが沢山ありますが、「失敗から学ぶことの大切さ」もSIJPから学んだことの一つであり、失敗を恐れず、常に挑戦心を持って活動するようにしています。

4.SIJP学生部を卒業して、現在は何をしていますか?
現在は日本の大学へ戻り、学業:就活:その他を4:2:4くらいでやっています。その他では具体的に、英語やマーケティングのプレゼンコンテストに参加したり、興味を持ったボランティア活動に参加したりしています。また、就活を少しかじってみて最近思うことは、SIJPを通して出会った社会人の皆さんが、私の将来「こうなりたい!」というイメージに大きく影響を与えてくれたということです。皆さん個性が強い人が多かったですが、その個性や興味や情熱を強みにして活躍していました。そして、その強みを使って社会に貢献するという意識がとても高かったです。その姿を見て、私も自分の満足のためだけに仕事するのではなく、自分の興味や情熱を生かして社会に貢献できる仕事を選ぼうと思うようになりました。きっと留学前と後では、自分が興味を持つ企業が違っていたのではないかと思います。

5.シアトルに留学している学生へのメッセージ
シアトルは、学生にとって貴重な学びの機会にあふれた街だと思います。その機会を掴むために、自分の足を運び、行動してゆくことがとても大切だと思います。多様なバックグラウンドを持つ人との出会いは、自分の考えをちょっと広げてくれました。そんな出会いは、待ってるより探した方がきっと見つかると思います。ぜひ、1日1日を大切に、楽しく過ごして下さいね。

15397849_1860528780849007_1099639673_o
イベントでの藤井さんの様子(写真中央)

藤井さんが企画、運営に携わったイベントのレポートです。よろしければご覧ください。
【イベントレポート】have a Breakthrough
3月5日開催ワークショップ “Take Action!!” レポート

Student Division Essay No.6 畑中ひらりさん

①日本の大学名: 琉球大学理学部海洋自然科学科生物系
②日本での専攻: 主に海洋生物、バイオテクノロジー
③シアトルで所属していた学校: KaplanのHighline College (3か月)Highline College (2クオーター)City University of Seattle (3か月)
④シアトルで勉強していたこと: 主に英語です。また、自分の専攻の勉強もしたかったので、Highline CollegeではMarine biologyを受講したり、水族館のボランティアをしたりしました。
⑤シアトルを選んだ理由: 私は中学生のころから将来海外で働いてみたいと思っており、大学生になったら絶対留学しようと思っていました。また、大学に入り、海外インターンシップに参加した際、グループのメンバーに英語のコミュニケーションを頼りっぱなしで、自分でしゃべれなかったことがとても悔しかったことから、留学したいという気持ちはより強くなりました。シアトルを選んだ理由は海外の大学で勉強したいと思っていたので、大学で勉強できて、一番費用が抑えられるところがHighline Collegeでした。シアトルは比較的安全と聞いていましたし、正直、留学して、英語を勉強できて、自分の専攻も少し勉強できたら、場所はどこでもいと思っていました。
⑥所属期間: 6か月間

1.SIJP学生部に入った経緯を教えてください
留学開始から4か月ほどたった時、英語だけを勉強していたので、少し飽きていたし、何かやりたい、挑戦したいと思っていました。ちょうどその時、友人にSIJPの講演会の話を聞き、参加しました。そして、その講演会が終わり、帰るとき、車に乗せてもらえることになったのですが、その車に乗っていたのが当時のSIJP学生部会長の吉田拓穂さんと当時副会長だった寒川翔さんでした。今回の講演の話やSIJPの話をしていると、人手不足だとおっしゃっていて、ITなどに興味があるなら入ってもいいよ、と言われ、すぐにSIJP入ります!と返事をしました(笑)

2.SIJPではどのような活動をしていましたか。
SIJP学生部ではキャリア部門・PR部門に所属し、シアトルにいる日本人留学生に向けて講演会やワークショップを企画、運営していました。私が加わった講演会は3つです。Ways to Make a Decision, Take Action, IT×女子~ITを通して広げるキャリア~です。
また、バイリンガールとして知られている吉田ちかさんを招いた講演会は私が発案しました。残念ながら私は日本に帰国した後だったので、参加できませんでしたが、好評だったようでうれしいです。

3.今の自分に役立っていると思うSIJPでの活動を教えてください
SIJPの活動を通して、学んだことは「なんでも挑戦してみること」です。まず、私は大学では生物学が専攻で、ITは私の分野ではないと思っていました。しかし、SIJPの活動を通してITは理系の人だけのものではなく、文系の人にも関係してくると学び、私はただ学ぶことを避けていただけだと気づきました。SIJPの講演会の企画をするときも女子限定のイベントを開いてみよう、バイリンガールのちかさんをよんでみよう、と色々挑戦しました。そのなんでも挑戦してみるという気持ちは現在の生活の中でいろいろなことに役立っています。

4.SIJP学生部を卒業して、現在は何をしていますか?
現在は大学に復学し、卒業論文に向けて研究をしています。また、帰国後、「Ryukyufrogs」という6か月間の人材育成プログラムに参加しました。Ryukyufrogsはアントレプレナーシップを身に着けた次世代のリーダーを育成し、沖縄を盛り上げていく、という目的の元、県内外の企業が私たちに研修にかかる費用を投資してくださり、夏休みにはシリコンバレーに10日間行き、6か月の研修の中で自分独自のITを用いたサービスを構築し、発表するというものです。つい先日、その発表が終わりました。Ryukyufrogsに参加しようと思ったきっかけはSIJPの活動があったからです。留学前はビジネスやITは自分の専門外として諦めてきましたが、そのプログラムにはとても興味があり、SIJPで学んだことを活かせると思ったので、そのプログラムに応募しました。それが終わった今、新たな世界が広がりましたし、自分のやりたいことも見つかりました。これからはそのやりたいことに向かってアクションを起こしていきたいと思っています。

5.シアトルに留学している学生へのメッセージ
自分には無理かも…と思うことでも興味があるなら、ぜひチャレンジしてみてください!
新しい世界が広がったり、新しい人との関係ができたり、新たな発見があるはずです。また、そこで失敗したとしても、それも経験です。何度も失敗して、何度も挑戦しましょう!一緒に明るい世界を創りましょう\(^^)/

畑中さんが企画、運営に携わったイベントのレポートです。よろしければご覧ください。
シアトルの日本人女子留学生へ IT×女子 ~ITを通して広げるキャリア~ レポート
「新しいことへ挑め!~バイリンガールとして生きる~」レポート