コンピュータを楽しく学ぼう (第1回 Binary Number(二進法)について楽しく学ぼう!)レポート 

3月27日(日)、小学生を対象に開催した、基礎コンピュータークラス。

イースターにも関わらず、約20名のお子様に参加いただきました!

1919350_990794130955896_1843936191335844472_n.jpg

こちらの教材を元に、ケンジ先生(SIJP会長)が、日本語で作成↓

[slideshare id=60104121&doc=1-160328064050&h=200]

クラス中は、他のSIJPスタッフと共に、デモンストレーションするシーンも。

[facebook url=”https://www.facebook.com/SeattleItJapaneseProfessionals/videos/990825730952736/” /]
そして、グループワークでは、受講生のご両親が各テーブルに、ボランティアとして加わって頂きました。(ありがとうございました!)
IMG_5707 3.JPG

コンピューターのクラス、と言えども、手作りの小道具もあり、分かりやすく解説。

160327_DSC05500.jpg

SIJPでは、今後も、子供向けのコンピュータークラスを開催いたします。

すぐに定員に達することが予想されますので、ご希望の方は、メーリングリストに登録して下さいね。

イベント日が決まり次第、ご連絡差し上げます。

執筆:カスター麻理(SIJP PR)

3月27日のSIJP コンピュータを楽しく学ぼう (第1回 Binary Number(二進法)について楽しく学ぼう!) の参加募集を開始しました。

この度、SIJPでは、コンビュータの理解を深めるための講座を開くことにしました!
第一回は、小学生を対象とした、『Binary Number(二進法)について楽しく学ぼう!』です。

コンピュータの基本といえばBinary Number(二進法)。それについて、皆で楽しく学びましょう。

日時:3月27日(日曜日):12時から2時まで

場所:Redmond Regional Library Room2 (15990 NE 85th St, Redmond, WA 98052)

講師:SIJPスタッフ

対象:小学生

参加費:無料

言語:日本語

持参物:鉛筆、ノート

参加申し込み:http://sijp-kids1.eventbrite.com

 

シアトルの日本人女子留学生へ IT×女子 ~ITを通して広げるキャリア~ レポート

2016年2月27日、SIJP Student Division主催、SEA協力のもと、キャリアイベント“シアトルの日本人女子留学生へ IT×女子 ~ITを通して広げるキャリア~”を開催いたしました。今回のイベントは“IT×女子”をテーマに、男性が多いIT業界で女性がどのようなキャリアを築き活躍しているのかお話を伺うことでもっと多くの女性にIT業界を知ってもらおうという趣旨のもと行われました。当日はココ・井上さん(Amazonデザインスタジオ勤務)、野添紗椰さん(日本マイクロソフト勤務)、矢野祥子さん(マイクロソフト本社勤務)をスピーカーとしてお招きし、IT業界の雰囲気や自身のキャリア、仕事に対する思いなどをパネルディスカッション形式でお話していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲストスピーカー紹介の後、IT業界とはどのような感じなのか、どんな仕事をしているのだろうかといった“IT業界とは”をテーマにパネルをスタートしました。この業界に入ったきっかけやアプローチ方法、働く前の印象と実際に働いてみて感じた事や行っている業務などを聞きながらIT業界についての理解を深めていきました。ITというとコンピュータや数字を扱うのが得意でないといけないというイメージを持っている人が多いと思いますが、皆さんにIT業界で実際に働いてみて感じた印象をお聞きしたところ「クールな印象を抱かれがちだがどちらかというとあたたかくて人間味がある」「ITだからと言ってエンジニアばかりではない」というように、IT業界だからといって理系の人ばかりが活躍するのではないという答えが返ってきました。コンピューターや数学が苦手だからという理由でIT業界を嫌煙してしまっている女性にとって心強いお話でした。

IT業界という大きなテーマについて話した後は、今回のイベントの特徴である“女性“をテーマに皆さんの考えや体験を話していただきました。男性が多いIT業界のなかで女性というマイノリティーな立場であることをどう考えているのかという質問に対し、三人ともが女性であるということをポジティブにとらえていると回答しました。IT業界において女性がマイノリティーという事実は変わらないけれど、それならそのマイノリティーをポジティブに利用してみようという気持ちで働いており、そのような前向きな姿勢でいることが大切であると教えていただきました。

他にもどのようなときに仕事のやりがいを感じるか伺いました。「感謝の言葉をもらったとき」「自分のやっていることは大きいんだと感じたとき」「様々な形でお客さんとかかわって会社のファンを増やすこと」皆さんがそれぞれ自分の仕事に対してやりがいを持たれていることが伝わりました。

最後に参加者の皆さんに一言ずつメッセージをお願いしたところ、「若いうちは失敗やリスクを恐れない」「周りに頼りつつポジティブに働いてもらいたい」「体を鍛えましょう」など参加者を勇気づけるようなアドバイスを頂きました。

P2280159.JPG

パネル後に行った交流会ではゲストスピーカーの方から自分のキャリアについてアドバイスをもらったり、ほかの参加者と話したりと楽しい時間を過ごしていただきました。交流会中に行ったインタビューではIT業界のことを知って興味がわいた、日本の会社とアメリカの会社、両方からの話が聞けて参考になったなど参加してよかったという感想をたくさんいただけました。

もっと多くの女子学生にITへの関心を持ってもらいたいという思いで始まった今回の企画ですが、仕事にやりがいをもって楽しく働いている女性のお話を聞くことはIT業界に興味を持ったり、自身のキャリアについて考えたりする貴重なきっかけになったと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

執筆:髙木しお (SIJP Student Division)
写真撮影: 柴田れいな (SEA)
企画:藤井りな&畑中ひらり&高木しお