『新年おめでとう』茶ッカソン in Seattle 第一回 開催のお知らせ & 一般参加のお誘い

いつもSeattle IT Japanese Professional (以下略SIJP)イベント参加ありがとうございます。SIJPではIT関係に勤める日本人を中心に広く交流を進めてまいりました。おかげさまで2014年中も地域で活躍される方々に多く参加いただき、不定期ながらもSIJPの主催する講演会には40人から100人以上の参加者(主に日本人)を常に集められる程のコミュニティに成長しています。日本人コミュニティの中には小さい子供を持つ家族も少なくないので、先週末には日本語での子供向けのプログラミング講座を午後2回に渡り開催したところ、こちらも大変好評を頂きました。来たる2015年も引き続き、日本人IT技術者を中心としたコミュニティを育ててゆく所存です。

そこでSIJPでは新年の企画第一弾として、『新年おめでとう茶ッカソン in Seattle』というイベントを1月24日(土)に開催いたします。

茶ッカソン』とは「お茶」と「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語です。これまで様々なバッググランドの人々が集まり、共通の議題をディスカッションし、画期的なアイデアやイノベーションを生み出す場を『ハッカソン』と呼び、東北の震災時にも様々な団体が垣根を越えた活動をしました。「茶ッカソン」では、ハッカソンのスピリットにお茶をたしなみながら、さらに裾野の広い良質なコミュニケーションを図る試みです。これまでにシリコンバレーと東京で3回ほど開催されてきましたが、シアトルは今回が初めての試みとなります。

イベントではシアトル地域から参加する30人余りの方々を各5-6人程度のチームに分け、チーム対抗で様々なアイデアを議論・発表します。最終的にはよりすぐれた案を選びコミュニティへフィードバックしてゆきますが、第一回の目標はまず今回をきっかけに「ハッカソン文化」をシアトル日本人コミュニティに根付かせることにあります。今回はシアトル初めての開催になりますので議論は日本語のみ、また人数制限等の為に参加者希望者の数が多い場合は選考があることを予めご了承ください。議論の多様性を高めるためいろんな職業、バックグラウンドの方の参加をお待ちしています。主婦および主夫の方も大歓迎です。

イベント当日は皆さんにおいしい茶を飲みながら色々アイデア出していただいた後には「昔ながら」の餅つきを企画しています。腕に覚えのある方、無い方、大人・子供、どんな方でも希望される方には杵(きね)を一度は握れるよう準備いたしております。つきたてのお餅は何時食べても美味しいものですが、ご自分でついた餅は格別です。ふるってご参加ください。

なお、今回のイベント参加にあたっては餅つきの材料費など諸経費を賄うために各$5~$15ほど徴収させていただく予定にしております。詳しくは「イベント参加費」をご覧ください。

 

「茶ッカソン」イベント内容について

記念すべきシアトル第一回茶ッカソンのテーマは

“シアトルの日本人永住者を5万人(現在約6300人)にするにはどうすればいいか?”

このアメリカ北西部は日本人が初めて入植した土地。歴史に季候、土地柄と日本人が馴染みやすい土地柄ですが、なぜか観光地程度のイメージから払拭できずにいるように見受けられます。近年はAmazon.comの台頭やMicrosoft Corp.のクラウドビジネスへの転換でにわかに新世代のIT技術者で湧くPuget Sound地域はあるいは日本人気質が新たに求められる時代が来るかもしれません。そんな新しい世代に日本人がこの地域で求めるものは何なのか?定住者を増えてゆくことで躍進の伝手はあるのか?地域に多く活躍する日系3世、4世の皆様の経験を有効活用するには?多くの学生が1年近くで帰ってしまうのはなぜか?30代の若手永住者が少ないのはなぜか?などなど、新年の祝いを交えながら色々議論をしてみたいと思います。

年末・年始お忙しいところとは存じますが、なにとぞ参加・協力のご検討のほどよろしくお願いいたします。クリスマス前で恐縮ですが1月9日まで http://goo.gl/forms/ua9539GiHOから申し込んでください。

何か質問がありましたら、chakkasonseattle@gmail.comにメールをお願いします

イベント日時・開催場所

日程:1月24日(土曜日)

場所:Bellevue Children’s Academy (14640 NE 24th St Bellevue, WA 98007)

プログラム(予定):

  • 1:00 開場・ネットワーキング
  • 1:30 プログラム開始・スケジュールおよび内容説明・チーム分配
  • 2:00 Idealization
  • 3:45 プレゼンテーション(各10分以内、5分のプレゼンと5分のQ&A)
  • 5:00 審査&餅つき
  • 6:00 結果発表
  • 6:30 後片付け・ネットワーキング
  • 7:00 閉場

イベント参加費(当日、現金払い)

  • 一般参加:$15
  • 観覧のみ:$10
  • 子供(12歳以下)(餅つきのみ):$5
  • 子供(5歳以下):無料
  • 餅つきボランティア:無料(人数制限あり)

今回の参加費の当日の開催費用の他、餅つきの材料費等に使用させていただきます。

餅つきボランティア大募集

当日は本格的な臼と杵を使い、餅つきを慣行いたします。楽しくシンプルな協同作業ですが、多少のボランティアが必要です。当日および前日にかけてご協力をお願いいたしたく、興味のある方はどうぞサインアップよろしくお願いいたします。

  • 当日:道具・荷物搬入手伝い(3名)、キッチン(3名以上)、餅つき雑務(1名-搬入手伝いと兼務可)
  • 前日:もち米とぎ(4名)、雑煮用野菜準備(3名)

 

子供向けプログラミング講座の感想など

インターネット上にはいろんなスクラッチの講座があります。機会があれば、子供さんと一緒にやってみてはいかがでしょうか?例えば

講座で使用した資料は次のリンクにあります。Scratchでゲームを作ろう

また、子供さんの保護者の方から次のような感想をいただきました。どうもありがとうございました。

プログラミングに興味を持つ良い機会になりました。
次回があればまた参加したいです。
ボランティアの皆さんには、前知識ゼロの幼稚園児にもとても丁寧に楽しく教えて頂けたようで、息子もとても喜んでおりました。 ありがとうございました。
娘が楽しくプログラミングの勉強ができて、とても喜んでいました。
大変ありがとうございます。又、このような機会があれば参加させて頂けたらと思っています。
息子が大変楽しませて頂きました。ありがとうございます。
翌日、家でもさっそくScrachにアクセスして、楽しんでいました。
子供の話では、とても楽しかったようです。帰宅の車の中で、「来週もあるの?」と生き生きして尋ねてきました。また機会があれば参加する意欲満々です。どうもありがとうございました。
楽しかったらしく、子供がまた参加したいと言っています。
中学校、高校対象の講座も開催して頂けますと嬉しいです。
ほぼマンツーマンの形で、教えて下さった方も非常に辛抱強く丁寧に子どもに対応してくれて、良かったです。

 

 

1月24日(土)に茶ッカソンを開催します。

SIJPでは新年の企画第一弾として、”新年おめでとう茶ッカソン in Seattle”を1月24日(土)に開催することに決定しました

人々が集まり、お茶をたしなみながら、良いコミュニケーションを図り、イノベーションを生み出す場、それが「茶ッカソン」です。お茶を通じて、人と人のコミュニケーションを活性化し、議論を深めることで、画期的アイデアを生み出す場です。すでに、シリコンバレーと東京で開催されました。

テーマは”シアトルの日本人永住者を5万人(現在約6300人)にするにはどうすればいいか”です。

新年第一弾のイベントをしてふさわしいものを行う予定です。 詳細は後日発表します。ご期待ください。

 

 

今日の子供向きプログラミング講座のレポートについて

カスター麻理さんが詳しくレポートしていただきました。どうもありがとうございます。

今日開催した2セッションとも満員盛況となりました。子供達の真剣な、また楽しそうな顔をみると、学生ボランティアともども、この企画をやって良かったなと思っています。できれば、継続的に開催していきたいと思います。参加していただいた方々、どうもありがとうございました。

12/13(Sat): Computer Programming Class for Kids

Can you imagine your everyday life without computer and smart phones?
We are taking IT for granted, as it has become a big part of our lives.
Now, would you like your children to get used to Programming Languages
so that they could recognize and appreciate this IT world, even from an early age?
We are offering “Computer Programming Class” for young kids, introducing a tool called
Scratch.  Kids will learn how to create easy games using basic Computer Programing skills.
Our wonderful college students (10 members) will volunteer to teach your children
with great skills and big smiles 🙂
Date : Saturday, December 13th
<Class #1 > – starts from 1:15pm, ends at 2:45pm – SOLD OUT
<Class #2 > – starts from 4:00pm, ends at 5:30pm
Register from here – https://sijp-20141202.eventbrite.com
(we will teach the same content for the first and the second class)
Place : Bellevue Childrens Academy, building 2
(14600 Northeast 24th Street, Bellevue)
Participants Age : K, Elementary School Students
Fee : $5.00 (pay at the door)
Language used in the session : Japanese/English
Sponsors : Bellevue Children’s Academy三井まりこ(Mariko Mitsui) 、スコット津村 (Tsumura Scott)
*Participants are encouraged to bring their own laptop from home.

 

Frozenが好きな子供達のための講座の紹介。また、12月13日の子供用のプログラミング講座の4時の部の募集中です。

Frozenが好きな子供達には次のプログラミングレッスンがあります。夢中になると思います。そして、12月13日のプログラミング講座にいきたくなると思います。

https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)がまだ半分の席に空席があります。優しい大学生のお兄さん、お姉さんたちが教えてくれます。

子供達のためのプログラミング教育の必要については、次のまとめをご覧ください。

 

 

Google Vice President of Engineering Mr. Chee Chew Presentation Report

chee

One of my major goals in life is creating a community where people can express our similar visions of life. I have always thought creating my own projects and potentially turning it into a start-up would be an option, a very challenging option but worth it to show my vision to the world. In order to succeed as much as possible, I have always felt the need to constantly be learning. I like to learn to grow my projects, to become a better person and to be happy on what I value. One of my learning curves is reading. Constantly reading and learning is very important and it was mentioned in Mr. Chee Chew’s presentation. I was able to come across his presentation because I was trying to learn the principles of Google from the book “How Google Works” by Eric Schmidt & Jonathan Rosenberg and Seattle IT Japanese Professional gave me the opportunity to learn directly from Mr. Chew.The major parts that I believed were important in the presentation were East Asian leaders and the culture difference from Westerns, team building, psychology and the priorities matrix.

East Asians have a very distinctive culture than American culture. I personally felt the difference growing up and working in both Japan and the United States. Sarcasm was one huge difference that Mr. Chew has pointed out. Japanese, in my experience also, do not use sarcasm as much and most do not even bother using it at all during work. It is also hard for many Japanese to stand up to their superior even if they think it is right. It comes from a great culture of respecting elders and others. It is for respecting the face of others, never to shame others or to be ashamed. Challenging authority can feel like you are being disrespectful to the Japanese. But it can be done in a very respectful way and is considered very courageous. And to climb up the corporate America ladder, sarcasm and expressing your opinion is very important. It is a key for gaining respect from others and being a leader. You cannot just be in the corner working on your task if you want to climb the corporate ladder. You have to engage with co-workers and communicate well. Know what your co-workers are working on and be able to help them when they need a hand. That is what leaders do well. Know about his or her peers very well and how to communicate with them.

Knowing what each person’s view and what motivates them is very important as a leader. Each person on your team grew up from a different background, has different views in life and has different things they get excited about. In order to maximize your team’s productivity, you must get to know each person and motivate them in different ways. Motivate them in ways that are most appropriate for each person and customize your interactions with each person. Your teammates also has to make different sacrifices in order to be a successful team. The team that knows each other the most and can find a middle-ground of sacrifices will have a better chance of succeeding. It is also better to have a good understanding of yourself to communicate well with others. A person with high EQ will have a better understanding of themselves and others.

Mr. Chew has also mentioned that EQ can be trained through the course of your life. And understanding psychology can play a major role developing ones EQ. Learning triggers through

psychology can really help ones growth. I believe that Japanese need to learn inner psychology the most because most of their action comes from external factors rather than their internal. Japanese society has a very strong way about always fitting in. Fitting in with the society is very important for the Japanese and plays a large role in the external factor. This will make it very hard for the Japanese to turn off their lizard brain and follow their gut. Most Japanese hate to embarrass themselves and hate to fail very strongly especially in public. It is very shameful to them and hard to get over. I can tell you that if there is a mixed culture at a party, the typical Japanese will never be one who starts dancing or who becomes silly and ice breaks the party. Japanese has also had the culture in the Age of Civil War when ones defeat equals ones death. It is over in one try. That is where the term “hara-kiri” comes from. That culture explains some of the reasons why Japan has one of the highest committing suicide rates. Failure is not an option to many people in Japan.

None of us like to fail and we try not to fail as much as possible. But we must be willing to risk failure to grow and learn. Learn from our failures and simply move on. We have to accept failure and keep taking risks to grow. To take risks, we have to learn to control our emotions outside our comfort-zone. When we can control our emotions outside our comfort-zone, we will have an opportunity to grow. It is hard for most people to go out of their zone and we will have to sometimes purposely push ourselves somewhere outside of that zone. Continuing to train outside of your zone and expanding your EQ will have a big impact on your success.

Setting priorities and taking action will also have a big impact on succeeding. But you will have to know which priorities to take care of first. Many leaders tend to focus on priorities that are urgent and high in importance. But the most important priorities that leaders need to focus on lies where it is not as urgent but important. Because when you focus too much on the most urgent and most important problems, you will not be able to sustain growth for your team or yourself. You will always be stuck working on the urgent and important problems. And if it is very urgent, someone in your team can take care of it. We tend to keep pushing back the less urgent but high priority problems. We know we would like to increase our communication skills, personal development issues or invest in team infrastructure but always put it back. When you keep putting off those problems that you know are important but not as urgent later on, it always snow balls and becomes a larger problem in the end.

There are many ways to view your own life or projects and there is never one answer. But to achieve your personal challenges and the higher the challenges are, the more you will need to grow and have a better team. To grow, you will need to be constantly curious, failing and learning. We will have to know well about our priorities and know which ones to work on. Knowing yourself and being able to control yourself is also one of the keys to success. Pushing yourself out of your comfort-zone and understanding about others views can help you achieve your wants in many ways. We can achieve more by constantly learning, thinking and growing with other teammates.

Here is interesting diagram that Mr. Chee mentioned during the talk

chee

12月13日子供用プログラミング講座のチケット発売開始です。

パソコンやスマートフォンを誰でも当たり前に使うようになりITが重要になってきた今、子ども達に早いうちからプログラミングに慣れ親しみさせてみませんか?今回の子どもプログラミング講座ではScratchというツールを使って子ども達に簡単なゲームの作り方を教えます。

講師をつとめるのは、学生のボランティアが10人です。優しいお兄さんやお姉さんが教えてくれます。

日時:12月13日(土曜日):第一部:午後1時15分から2時45分まで、第二部:午後4時から5時半まで(第一部、第二部とも内容は同じ)

場所:BCA2 (14600 Northeast 24th Street, Bellevue)

対象:小学生

参加費:5ドル(当日現地で支払い)

言語:日本語

協賛:Bellevue Children’s Academy三井まりこスコット津村

*ラップトップ持参推奨

チケット申し込み:https://sijp-20141201.eventbrite.com (1時の部), https://sijp-20141202.eventbrite.com (4時の部)